FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2009年05月05日 (火) 18:53 | mixiからの引越しブログ | 編集 |



ダイソーで購入したシャーペンを開けてみたんだけど予想以上に作りが良いんですよ。

これは購入時に解っていた事だけど、プラチナ萬年筆の日本製だということ。

同社の同じ9mmの製品をネットで調べるとベストセラー的商品「PRESS MAN 0.9 MPS-200」がでていました。
http://www.platinum-pen.co.jp/products/sharp/sharp10.html

それと同じくB2の芯が入っていて、同じ機能の芯圧調整機能までついていやがる。
ペン先もPRESS MANが手元に無いので解らないのですがWebのページ説明にある「セ-フテイスライド機構」の事なのか?
1クリックでペン先が出て2クリックで芯が出ます。
ポケットにもペン先が収納された状態で入れられて引っかからないのでこれまたすばらしい!
PRESS MANはABS樹脂ボデイだけどこちらはさらに握り部の所はゴム製で滑り止めもOK!
さらに!「ゼロシン機構」なる物で次の芯に替わる時に無駄になる芯の長さが0.5mmと、すばらしい!

そして、販売価格が105円でPRESS MANの定価の半分ですよ!すばらしい!

製造元も相談フリーダイヤルもちゃんとプラチナと書かれた自社製なんですけど、なぜか会社のページにはこの商品は紹介されていません。
商品型番は、「MZQ-200T」とありますがきっとダイソーだけのプライベート商品なんでしょうね? 
だから日本製なのに表には韓国語と中国語の表記もあるのかな?

きっとこれはプラチナ萬年筆の通常の流通ルートでは中間マージンが生じて105円で売る事が出来ない商品なんだと思いました。

これ、絶対に買いだと思いますよ。
キャップが外れやすいPRESS MANより使いかってがいいと思いますよ。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する