FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2012年05月03日 (木) 18:05 | 東芝 RDシリーズ | 編集 |
以前ネットで調べたまま
放ったらかしになっていた東芝RD-X8にTS録画してあるファイルのリッピングをしてみました

何故ほったらかしになっていたかというと
本体から外部にファイルを出力する媒体としてディスクが必要なのですが
HDVRフォーマットでは
”書き込み速度が3倍速以上に対応していないといけない”と言う条件があって
手元には対応しているDVD-Rが在りましたけど試しに使うにはもったいないような気がして
それならこの機会に対応していて何度も繰り返し使えるDVD-RAMを
購入した方が今後も使える事を考えると良いかなと
考え後回しにしてました

以前、VRフォーマットのリッピングには成功していたのです
この方法だとTS録画した番組は対応していないので
一度VRフォーマットに変換しなければなりません

変換にはその番組を再度再生しながらVR形式で録画するという事を
機械内部で処理していますので
再生時間分がもろ変換時間にかかってしまいます

そしてもう一つの問題が
画面が1440×1080から720×480に変換される事です
これはVRフォーマットの規格なので仕方がないですね

この2つの問題が
HDVRフォーマットでリッピングする事によって解消されます

今回使用したのは東芝のRD-X8と
5枚パック980円で購入してきたマクセルのDVD-RAM 2〜3倍速対応品

リッピングに使用したソフトは
フリーのHDVR Decrypter

最初2つ在る最新版の HDVR Decrypter v2.1を使用したのですが
両方共"正常にディクリプトできませんでした。"という表示が出て先に進めませんでした

ダウンロード先で調べてみると
”DVD-RAM媒体がうまく対応していないようだ”との記事がありましたので
他の方が成功したというバージョン1.0で試してみたらうまくいきました

ソフトを起動すると
ほとんど自動でほっておけばfree状態になったHD_STR01.TSファイルが出来上がりました

---東芝 RD-X8 HDVRモード録画ファイルDATA----
Container
Number of video streams : 1
Number of audio streams : 1
Complete name : /Volumes/C/Users/◯◯/Videos/free_HR_STR01.TS
Format : BDAV
Format/Info : Blu-ray Video
File size : 1.37 GB
Duration : 14mn 43s 683ms
Overall bit rate : 12.4 Mbps
Maximum Overall bit rate : 24.0 Mbps

Video
Format : MPEG Video
Format version : Version 2
Format profile : Main@High
Format settings, BVOP : Yes
Format settings, Matrix : Custom
Codec ID (FourCC) : 2
Duration : 14mn 43s 282ms
Bit rate mode : VBR
Bit rate mode : Variable
Bit rate : 11.7 Mbps
Maximum bit rate : 24.0 Mbps
Width : 1 440 pixels
Height : 1 080 pixels
Pixel aspect ratio : 1.333
Display aspect ratio : 16:9
Frame rate : 29.970 fps
Frame count : 26472
Color space : YUV
Chroma subsampling : 4:2:0
Bit depth : 8 bits
Scan type : Interlaced
Scan order : Top Field First
Compression mode : Lossy
Bits/Pixels : 0.251
Delay : 15h 59mn
Stream size : 1.29 GB (93.9%)

Audio
Format : AAC
Format/Info : Advanced Audio Codec
Format version : Version 2
Format profile : LC
Muxing mode : ADTS
Codec ID : 15
Duration : 14mn 43s 712ms
Bit rate mode : Constant / Variable / Variable
Bit rate : 251 Kbps
Minimum bit rate : 185 Kbps / 185 Kbps
Maximum bit rate : 352 Kbps / 352 Kbps
Channel(s) : 2 channels
Channel positions : Front: L R
Sampling rate : 48.0 KHz
Compression mode : Lossy
Delay : 15h 59mn
Stream size : 27.8 MB (2.0%)




・円安で高くなる前に、そしてこれからは将来、中のHDDが逝っても3TB問題をクリアしていて3TB以上のHDDに中を入れ替えても使用出来る可能性があるHDDの購入をお勧めします。
BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]) 3TB HD-LBV3.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]) 3TB HD-LBV3.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
(2011/07/01)
バッファロー

商品詳細を見る



HDVR Decrypterの設定メモ

「Decrypter.cmd」をテキストエディタで開き
DVDドライブに振られているドライブを指定する

set dvddrive=E

必要に応じて
「unkey2.bat」を開き
コピーフリー化後のファイルを保存する場所を指定する

使用手順
1.コピフリ化したいHDVRフォーマットのDVDをPCのDVDドライブに入れる
2.DVDをPCが認識したら、「HDVR Decrypter」フォルダ内の「Decrypter.cmd」を実行する

すると、コマンドプロンプトが出てきて、動作するのでしばらく待つ
メッセージが出て、そのとおりにしていくと問題なければそのうち終わります
終了後エクスプローラが起動し「unkey2.bat」で指定した、コピーフリー化されたファイルが表示され完了です
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
参考になりました
2014/03/24(月) 09:01:45 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する