FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2012年03月25日 (日) 22:04 | Mac | 編集 |
Macを使用していて出てくる問題の1つが、ファイル名の機種依存文字関係。

マックオンリーの環境だと問題は無いんだけど、今の自分のネットワーク環境ではそこにLinkStationが繋がり更にそこに東芝 REGZAやVARDIAがつながった状態です。
これだとマックで使用できるファイル名のままだとコピー出来なかったりコピーできても後で見るとファイル名が勝手に変わっていたりします。

Macは"HFS+"でネット上のLinkStationのディスクフォーマットは、独自のフォーマットの"XFS"だしWindowsやネットで外部から覗くとMacの不可視ファイルも現れてくる。

以前からUSBフラッシュメモリは、FAT32でフォーマットした物を以前勤めていた会社で使ったりネットカフェで使用する為に持ち歩いているけど、今後USB‐HDDもFAT32でフォーマットして使用する可能性があるので今の内にファイル名の整理をしようかと。

そこでClassic時代に使用していた”ConvChar”みたいに、検索文字と置換文字を事前に複数設定しておいてファイル名を一括で複数の文字を検索置換できるアプリケーションを探したんだけど無いみたい。

結局、以前から使用していた”shupapan”というアプリがしか無くて…。
このアプリでは機種依存文字を検索して一括削除はしてはくれるんだけど置換をしてくれません。

結局、今日はBackup関係のファイルを手動でMacで使用出来てWindowsで使用できない文字を検索置換して終了しました。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する