猫の手紙

このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです。過度の期待はしないでください

Top Page › 自動車・車中泊 › >車中泊 › EcoFlow社最新のポータブル電源「RIVER 600シリーズ」

2020-09-17 (Thu) 14:40

EcoFlow社最新のポータブル電源「RIVER 600シリーズ」

ユーチューバーのらんたいむさんが「EcoFlow社最新のポータブル電源「RIVER 600 MAX / PRO」をレビュー」をされていたので見ました

以前にこの商品の上位モデル「EFDELTA」が良いと書き込みましたけど、それから比べると魅力が増して求めやすくなりましたね

この機種の一番の良かった機能が「X-Boostテクノロジー」と言う機能で、1000W前後の高出力電化製品の「電圧を下げる」ことで作動させることができるものです。しかも、家庭用のコンセントと同じ完全正弦波の電力を提供します。


動画ではいつも何かが抜けているらんたいむさんは、これを「謎機能」として紹介しています(笑)

MAXとPROの商品比較の時にPROのみこの機能がONになっていたのでしょうね
「謎機能」のPROの方が良いとの感想でした

また内蔵ファンにも静音モードを備えています
動画では電源を入れるのと同時に空冷ファンが回っていましたが、静音モードにしたら空冷ファンが止まるか低速に回るのかもしれません。
もちろん静音モードの状態でこれなのかもしれませんけど、商品説明には充電時のファンの動作の設定とあるので充電時だけなのかもしれません


後は、らんたいむさんは商品自体も勘違いしていますね
詳しくはクラウドファンディングのページで説明されていますし、今ならまだ応援購入価格で通常価格より安く手に入ります

単体がRIVER 600(288Wh)です
そのRIVER 600(288Wh)の下部に増設バッテリー(288Wh)を追加したものが動画で紹介していたRIVER 600 MAX (576Wh)です

そしてその上位機種がRIVER 600 PRO(720Wh)で動画で紹介されていたものです
RIVER 600 PRO(720Wh)には専用エクストラバッテリー(720Wh)をコードで接続して容量を増やせます


個人的には購入するならRIVER 600 PROですね
RIVER 600 MAXのLEDライトは必要無いし購入するなら以前よりコンパクトになっているので「大は小を兼ねる」で容量重視ですね

79,800円(税込)ですが応援価格なら64,900円(税込)ですし(720Wh)、もし足りなければ増設したら良いです

待てばこれまでよりお手軽価格で良い製品が売られるのは常ですし800回サイクル以上の充電可能で、何故か購入時に一緒に専用エクストラバッテリー(720Wh)も買うとすごく安くなります

気になるのは使用されているバッテリーの種類が「リチウムイオンバッテリー」だったことくらいかな
最近のニュースでも電車内でバックに入れていたヘアアイロンの内蔵バッテリーから発火していますし安い商品でもないので少しでも安全の性の高い部品を使用して欲しかったです
使用バッテリーが上位モデルと同じ「三元素リチウムイオン電池」だったら満点でしたが、価格を抑えるためにそうなったのかな?

つまりこれ以外は気にならなかったです
今新たにポータブル電源を購入するために商品を探していたならポチッとしていたでしょうね。

EcoFlow(エコフロー)公式サイト | Portable Power Station
関連記事

最終更新日 : 2020-09-19

Comments

  

業者の方の営利目的の書き込みはご遠慮ください。今後削除させて頂きます