猫の手紙

このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです。過度の期待はしないでください

Top Page › 家電・PC・東芝・ゲーム・携帯 › >PC(Mac・Windows・Linux) › MacBook Pro(2010)13inchをデュアルブート(OS X High Sierra, Windows10 2004)仕様にしたその後

2020-07-26 (Sun) 11:23

MacBook Pro(2010)13inchをデュアルブート(OS X High Sierra, Windows10 2004)仕様にしたその後

先日MacBook Pro(2010)13inchをデュアルブート(OS X High Sierra, Windows10 2004)仕様にしたのですがその後です

前日までにいらないアプリ(ゲーム系)などや必要ないピン留めを外したりして設定が終わり、BootCampの設定画面を開こうとするとフリーズしたりBootCamp自体が消えて設定が初期化されてしまう問題も互換モードをWIN7にして使用した所今の所フリーズや消えることが無くなり安定しています


これまで自動更新を止めていたのでバージョンは2004 OSビルド19041.264のままです

2004 OSビルド19041.264
2004 OSビルド19041.264


そこでClonezillaにてバックアップを取ってから自動更新を行いました
すると最新の状態まで自動更新されびっくりです
2004 自動更新最新の状態


2004 OSビルド19041.388
2004 OSビルド19041.388


2004 OSビルド19041.388にしましたが今の所不具合は無く安定しています

10年前のMacBook ProはMacOSのサポートが終わっているので最新にはもう出来ませんが、Windows10は最新のバージョンまで上げる事が出来てちょっと驚きました
これまで全く自動更新できませんでしたから

今月バッテリーも交換しましたし今後もWindowsのメイン使用で延命していけそうです
MacBook Pro

関連記事

最終更新日 : 2020-08-08

Comments

  

業者の方の営利目的の書き込みはご遠慮ください。今後削除させて頂きます