猫の手紙

このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです。過度の期待はしないでください

Top Page › 家電・PC・東芝・ゲーム・携帯 › >PC(Mac・Windows・Linux) › MacBook Pro(2010)13inchをデュアルブート(OS X High Sierra, Windows10 2004)仕様にしてみた

2020-07-24 (Fri) 00:21

MacBook Pro(2010)13inchをデュアルブート(OS X High Sierra, Windows10 2004)仕様にしてみた

MacBook Pro(2010)13inchでデュアルブート(OS X High Sierra, Windows10 2004)仕様にしてみます

MacBook ProにWindows10 バージョン1511をインストールして使用していましたが、以前に自動更新が失敗するようになりどうしても更新できないので新しいバージョンのWindows10のインストールを試す事にしました


作業前の準備

Windows 10バージョン2004のダウンロード

実際にはインストール終了するまでダウンロードしたバージョンが2004とは知らずに作業しています

Microsoft ソフトウェアのダウンロードの Windows 10 ページ
注意:このページにはWindows 7、Windows 8.1 または Windows 10 デバイスからアクセスして表示しないとメディア作成ツールを使う方法が表示されず作れません。また他のデバイスでWindows 10をダウンロードして他アプリでDVD作成しても「改ざんされた」とみなされてインストールに使用できませんでした

今回は上記の失敗を実際にしてからWindows10でアクセスしてダウンロードと作成をやり直しました
作成ツールでUSBを作りましたがダウンロードから始まり前回のダウンロードも無駄になりました


BootCamp5.1.5640

古いマックのMacBook Pro13インチ(Mid 2010)はBootCampではWindows 10はサポートされていません

それを無理やりBootCamp仕様にするのにWindows10をインストール後にWindows10にドライバーをインストールするのに使用します

解凍後にRealTekとATIとNVIDIAの入っているフォルダーから3フォルダーを削除もしくは移動します
サポートが終わっている古い機種はアップルソフトウェアアップデート(AppleSoftwareUpdate.msi)も削除しても良いかもしれません(未確認)

Show or hide updatesの入手
Windows Update によってインストールされたプログラムを手動で削除した更新プログラムでもWindows Update が実行されるとまたインストールされてしまいます

今わかっている不具合が生じるのはNVIDIAのディスプレイドライバー

この削除してもまたインストールされてしまう問題を回避するのがマイクロソフトから出ているこのアプリです


この3つを準備できたら実際の作業に入ります
作業手順は基本MacBook Pro(2010)13inchでデュアルブート(OS X High Sierra, Windows10 )仕様にすると同じです


実際にWindows10をインストールしてみるとこれまでより非常に時間がかかる


インストールを開始して約30分後にインストールが終わり住まいやキーボードレイアウトの基本設定がスタート

以下のいろんな案内が出てきます
ネットワーク
Windowsの新機能を確認してみましょう
Microsoftアカウントでサインイン
PIN作成とセット
デバイスプライバシー設定の選択
アクティビティの履歴を利用してデバイス間でより多くのことを行う
Androidスマートフォンの写真、テキスト、通知などにすばやくアクセスできます
OneDriveを利用してファイルをバックアップ
Cortanaによる作業支援を許可する
もう少しで完了します
これには数分かかることがあります PCの電源を切らないでください
すべてお任せください
もうすぐです

インストール開始して約45分後に Welcome tu you Maicrosoft Edge Start pageが開いてインストール直後の基本設定がやっと終了しました

おぉインストールができたじゃない
長年アップデートが出来なくて放置していたのは何だったんだ
ここでインストールしたバージョンが2004と知りました
Windows10 2004



話を戻してWindows Updateを開くとインストールしたバージョンの新たな機能だと思われる「自動更新を7日間停止する」機能があったのでまず自動更新を止めます

その後入手したShow or hide updatesを使用してNVIDIAのアップデートを止めます
NVIDIA


その後は以前からの手順通りで終了です



今回の作業で気がついた点と不具合など

BootCampをインストールするまで全く音が出ない

以前みたいにアカウント名を選べない

基本設定メニューでは以前のアカウント名とパスワードの設定が無いのです
代わりに在るのが「Microsoftアカウントでサインイン」でしてこれと「PIN作成とセット」で作られました

BootCampの設定を開ことするとフリーズする確率が高い



その後気がついたことや対処メモです

BootCampはいつの間にか動作していなかったり設定画面を開こうとするとフリーズする確率が高いので互換モードを使用してWindows7の設定にしてしばらく様子を見ることにしました

Microsoft Storeは初期設定で「アプリを自動的に更新する」設定になっていたみたいです
勝手にアプリを自動更新されたくない場合はこちらも確認してください
関連記事

最終更新日 : 2020-08-01

Comments

  

業者の方の営利目的の書き込みはご遠慮ください。今後削除させて頂きます