FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2012年03月13日 (火) 04:55 | 東芝 REGZA | 編集 |
MacBook Proで東芝 REGZA 42Z3 をサブディスプレイにしているのですが一番の利用方法が、動画の再生。

本当なら、東芝 REGZA 42Z3 単体で再生できたらいいんですが過去の書き込みにもしましたが、42Z3 ではネットワークでの再生も限定されていて動画再生するには、外付けハードディスクを接続する方法で対応するしか無いです。

追記:後日動画再生出来ました。→REGZAでH.264/AVCファイルが再生出来ました(3/30)

動画再生画面  

マックでの動画再生には、QuickTime Player、MPlayerX、VLCのどれかを使用しています。

各アプリに一長一短がありまして。

QuickTime Playerは、複数のファイルを同時に開き同時再生できますが、再生できるファイルが少ない。
そして、今の10.1では全画面表示がメインディスプレイにしかできない設定になっているのでサブディスプレイでは手動で最大表示まで広げて表示するしか無い。
再生時に画像の乱れや音声遅延が起きる頻度が一番多くこの3アプリの中で再生が一番不安定です。

VLCは、一番機能も多く対応ファイル形式が豊富。
プレイリストを作成でき、サブディスプレイでの全画面表示設定もできる。
ただし複数のファイルを同時に開くことはできない。
日本語が文字化けすることがある。

MPlayerXの、一番の良い所は、上記のソフトには無い機能でオーディオの遅延を調整できる所。
ただし逆に、音声遅延が発生する事もあるそうだけど、今の所遅延現象は起きてません。

プレイリストを作成しなくてもファイル名から(だと思う)次を探し連続自動再生する機能がある。
サブディスプレイでの全画面表示設定もできる。

ただし複数のファイルを同時に開く事はこちらもできない。

と言うことで、今の所通常、MPlayerXをデフォルトで使用していて問題があれば、他のアプリで再生しています。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する