FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2020年01月19日 (日) 23:01 | 日記 | 編集 |
以前から冬にトイレの暖房をするとドア板が反るのか
ドアが引っかかった感じで開閉しづらくなっていました

今年も暖房を入れるとドアの開閉が引っかかっていたので
原因を確認してみるとドア板よりも
ドアノブを開く為にひねってもひかかっている爪の部分が完全に
中に引っ込まないので開閉がしづらくなっていました

そこでドアノブを一度取り外して
ドアノブの中の構造を確認してみました

ドアノブを取り外すと
何か黒い粉が大量に中に在って
最初は何か虫に食われているのかと思いましたけど
後で判ったこの物体は鉄粉でした

ドアをロックしている部分は調べると「ラッチ」と呼ばれているらしく
ノッチから黒い鉄粉が発生しているみたいです
再度ドアノブを完全にひねった状態にしても爪が完全に入らない状態になっていました

新築してから35年経過していますし
一番開閉の頻度が多いトイレですのでこれは寿命ですね

内部構造を見たくて確認してみました
ドアノブ ラッチ

ドアノブの回転部分が45度位回ると
中の爪がスライドしてドアのロックを開放する仕組みですね
ここの爪の部分が長年使用して削れてしまって完全に引っ込まない状態になっていました

これをこのまま使用していたら
いきなり中で閉じ込められたり
中に入れない状態になっている所でした
ドアノブ ラッチ

35年前野部品が在るのか解らないけど
ネットで交換部品が在るのか
ラッチ部分に書かれていた「GIKEN」の刻印から
検索すると交換部品が出てきました

やはり消耗品の様で出ていますが
35年前の商品の交換部品が在るのか微妙です

それでも調べてみると全く商品が変わっていない様で
同じ部品を見つけました
川口技研 GIKEN ラッチのみ バックセット60mm DR-60
by カエレバ


通販ですと一番安い所でも送料を含めて967円(税込)でした

そこで次に地元にも在るDCMやコメリの通販サイトを確認して
取り扱っているのかと販売価格を確認します

コメリにて同じメーカーの商品が在るのが解り値段も558円(税込)です

型番が出ていませんし商品説明にはレバー用のラッチとなっています
できれば型番がDR-60の握り玉錠、レバー錠兼用のラッチだったら良かったのですが
レバー用と何が違うのかも判りません

中のバネかレバーの倒す角度とかが違うのだと思うのですが
とりあえずネット注文は保留にして先にコメリに確認に行きました

結局コメリにはDR-60の握り玉錠、レバー錠兼用のラッチは無くて
レバー用の物しかありませんでした

家から持ち込んだ交換する物と確認しましたが
外観では違いが判らず問題無さそうだったので購入してきました

後で調べると違いはやはりバネと回転角度だけで
レバー用のラッチは自重でレバーが下がらないようにバネが強くなっているので
これに握り玉にて使用すると回しにくい場合が在るみたいですが
今回の商品は購入する時にバネの強良さも確認していたので全く問題無いようです
逆に握り玉用のラッチにレバーを取り付けると
自重でレバーが下がってしまい問題が発生する場合が在るみたいです

外観は全く同じ
ドアノブ ラッチ

刻印でレバー(LEVER)と用途が刻印されています
ドアノブ ラッチ

とりあえず取り付けは全く問題無しで
ドアノブをひねってもこれまで通りで重たい感る事も無く違和感も在りません

これでドアの引っ掛かりが無くなって良かったです
結果通販で商品が届くのを待つより安く早く直すことが出来ました

今回の経験でラッチは早めに交換しないといけない部品だと学習しました
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する