FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2019年11月24日 (日) 00:15 | 自動車 | 編集 |
先日注文したADVANCE DC12V/100V 定格1500W 最大3000Wが届きました

ADVANCE DC12V/100V 定格1500W 最大3000W


ADVANCE DC12V/100V 定格1500W 最大3000W

DC入力端子は丸型端子を使用しないネジで固定するタイプ
ADVANCE DC12V/100V 定格1500W 最大3000W

電源コードは表記はないのだけど太さから4AWG(22SQ)の様で
長さが赤が90cmで黒が1mと10cmも長さが違います

他の商品のレビューで「付属ケーブルがもう少し長いほうが良かった」と言う
書き込みがあったのでこの商品も太さは写真から問題無さそうだけど
届くまで長さの方が心配だったのですが
長さもこれだけの長さがあれば新たに購入しなくても良いので良かったです
ADVANCE DC12V/100V 定格1500W 最大3000W

内部はこの様な感じでDC入力は中で3分岐していました
トランスも100V表記です
ADVANCE DC12V/100V 定格1500W 最大3000W

まずは車のバッテリーに接続しての動作確認です

最初にバッテリーとインバーターを接続してからエンジンを掛け
その後本体の電源を入れます
一瞬赤LEDが光りアラームが動作しますがすぐに消えますが
何故か電源のLEDが光りません

更に何度かLEDに触れているとLED部分がケースの中に入ってしまいました

それでもワットチェッカーは動作しているので
そのまま使用しました

今回も600Wの電気コンロを使用しました

最初は300Wでの使用では消費電力は330W台でした

その後600Wに切り替えて620W台でバッテリー電圧は最初は12.3V
しばらくそのまま5分以上放置しますが
消費電力が徐々に下がり約5分30秒経過して612Wで電圧は11.5Vまで下がりました

電源ケーブルの熱も確認するけど熱いと感じる事は無しでした




そこで一度結線を外します
電源LEDが点かないので購入店へ連絡も考えましたが
その前に一度中を確認しました

すると最初LEDの線の+側とマイナス側が同じ所につながっている様に
見える様な接触状態でしたので接触を無くして
触って中に入ってしまったLEDを確認すると
これはただケースの穴にはめ込んでいるだけという手抜き商品💢

こちらは接触を無くした状態で撮影
ADVANCE DC12V/100V 定格1500W 最大3000W


そこで再度電源LEDの点灯確認を兼ねてサブバッテリーに繋いで動作確認をしました
今回も600Wの電気コンロを使用しました

サブバッテリーとの結線は
先にバングッド(Banggood)で購入した粗悪品の付属ワニ口クリップの付いたコードで
バッテリーターミナルと接続しそのケーブルをADVANCEに付属していた電力線とつないで使用します

電源LEDは無事に点灯しました

最初は300Wでの使用では消費電力は320W前後で
その後600Wに切り替えて590W前後でサブバッテリーの電圧は最初は11.9V
しばらくそのまま放置しますが
消費電力が徐々に下がり約4分経過して584Wで電圧は11.9Vのままでした

電圧が低い分消費電力も若干低い様です

ワニ口クリップの発熱は在るものの
以前の粗悪品インバーター使用時よりは熱く無く
きっと丸形端子のカシメミスできっと接触不良が発生して発熱していたのだと思います




最後に今回ADVANCEを購入しましたが正直使用初日から後悔しています
確かに使用できましたがイ商品自体には丁寧に作られている感がまったく無く
電源LEDみたいに簡潔に言えば雑に作られていてました

やはり少しでも安く買えるものを選べば後でこうなるのでしょうね

もっと慎重に商品を調べて選べば良かったと
今はこのADVANCEを買うんだったらもうちょっと追い銭してでも
CLESEEDの方が日本にCLESEED専用サポートが在り
別売りオプションも豊富で製品情報も多くて良かった
と後悔中

まぁ他にも良い商品が在るかもしれませんね

【CLESEED MGA1500TR 12V 100V 疑似正弦波インバーター
定格出力1500W 最大出力1600W 瞬間最大出力3000W 4コンセント USB2.1A
by カエレバ



インバーター 12V 100V カーインバーター DC-ACインバーター
定格1500W 最大3000W DC12V/100V 疑似正弦波(矩形波)
by カエレバ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する