FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2019年07月24日 (水) 22:17 | 映画・ドラマ・アニメ | 編集 |
世界を駆け巡った京都アニメーションの悲劇

元々吾輩はアニメ好きでしたが
京都アニメーションの作品と出会ってから
更にどっぷりとアニメにハマってしまいました

当時仕事で精神的にも大分弱っていた時期に
現実逃避でアニメを見る機会が増えて
その中でも京都アニメーションの作品は安心して見ることができて
癒やしを与えてくれる作品でした

『AIR』を始め『Kanon』、『CLANNAD』、『CLANNAD 〜AFTER STORY〜』は
当時の吾輩の心を癒やしてくれました

今回の悲劇で色々気になっているのですが
今一番気になっているのは記者会見に応じた社長の八田 英明さんを観て

社長ですから記者会見に応じるのは通常だったら普通の光景ですが
これまで34名が死亡し、34名が怪我を負い病院に搬送されました

その中に京都アニメーションを生んだ奥さんの八田陽子さんが含まれているのだろうか?

もし含まれているのであれば
自分自身も被害者家族の一人のハズなのに。。

先日放送されたNHKのクローズアップ現代+の
「日本の宝よ よみがえれ ~京都アニメーション 世界に広がる支援の輪~」

その中で武田真一キャスターが八田 英明社長のメッセージを代読し
その後自らのコメントをのべている時には
左目には薄っすらと涙が。。

そして吾輩ももらい泣き
この番組は何度見ても涙がまだ流れてきます

そして不運というか通常はカードを使って出入りするセキュリティが使用されていたのに
来客予定が在った為にセキュリティ解除されていたという

もしこの偶然がなければ被害は無かったかも
もしくは中に入れないと悟った犯人はその後どのような行動を採ったのだろうか?

どちらにしても京アニロスが今後起きるでしょう

でもいつか京都アニメーションのアニメをまた見られる日が来る事を信じて待っています
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する