FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2019年04月27日 (土) 22:56 | 日記 | 編集 |
天気予報通り今朝も雨が降っているので
明日に朝日ソーラーのボールタップとフロート部品を
交換をする予定でしたが
午後から晴れてきて屋根の瓦も乾いたので
出来る所まで先にやろうと屋根に登りました

まずは水が出なくなった原因ですが
給水側のボールタップを確認すると
浮き玉が下がった状態です

通常浮き玉が下がり水位が下がればボールタップで補水されるので
水が出なくなった時に水が補水されなかったので
貯水槽は満水状態だと思っていたのですが
浮き玉の動作確認すると止水する位置まで上がりません

どうやら交換したパッキンが外れて悪さをしている感じです
あとで確認するとパッキンが外れていました
穴の空いたパッキン使用では水圧で台座から外れるみたいです
なので穴を埋めて接着したら使用に問題は無さそう

さらに確認で取水側のホースを外しても水が出ませんので
取水側からボイラーでの詰まりでは無く問題無し

写真は取り外し前です
朝日ソーラー 取水側


ボールタップの動作不良により
給水されず貯水槽の水位が取水位置より下に下がった事が水が出ない原因でした

まずは信頼性の高い新たに用意したボールタップに交換しました
前回同様PPホースが外れず悪戦苦闘しましたが
今回もなんとか外れました

その後は問題無く購入した袋に入っていた案内通りに
取り付けましたがPPホースとの接続は後回しにしました
ボールタップ 案内


次に取水側のフロート交換です
まずは側面のカバーを取り外す為に
PPホースを取り付けていたPPジョイントLオスを取り外します

PPジョイントLオスをフロートから取り外した後に
フロートとカバーを固定していた金具を外します

その後側面カバーを固定しているネジを外して
カバーを取り外しました

カバー取り外し後のフロートとカバーに固定していた金具
朝日ソーラー 取水側

はめてあるだけの中心の断熱材を取り外して
フロートの取り外しにかかります
貯水槽に水位が見えます
朝日ソーラー 取水側

貯水槽とフロートを固定している白いゴムパッキンの
大きい方のワイヤークランプを緩めて貯水槽から取り外しますが
やはり長年固定されていた部分なので
取り外すのに一苦労します

取り外しにすったもんだしている時に
ふと中に繋がっているはずのフロートの感触が無い事に気がつきます

嫌な予感は的中します
やっとの事で取り外すとやはりフロートの部分が着いて無い!
朝日ソーラー フロート

フロートと繋がっているはずの白い蛇腹のゴムは
無残にも経年劣化でフロートと外れてフロートは水槽の底に落ちている様です

まぁフロートが無くても熱いお湯が出ないだけで
ぬるいお湯は出るのですがいつからこれが落ちていたのやら

さてここてどうしたものか
落ちたフロートを取り除きたいけど
底に落ちたフロートを取り出すには
今外した穴からしか取り出せない

このまま新しいフロートを取り付けても良いのだけど
これだと今後も貯水槽に残った経年劣化した白いゴム破片が出続ける事になります

ストレーナーもこれで詰まりますね

やはり早めに作業を始めて良かったです
早めに始めた分の時間でこの落ちた部品の取り除きに費やします

手持ちの棒の先にワイヤーを曲げて
引っ掛けて持ち上げてみるがフロートの先端が穴の所に
うまく来ないので取り出せない

水の屈折もあり位置がわかりずらいので
水槽の水を抜いてから再チャレンジします

穴から中を覗いて見るとまた新たな事実が判明します
フロートが浮きとパイプの二つに分離しています

これでは2つ取り出さなくならず難易度が一気に二倍になりました

取り除きを何度か試してみますが
今度は水を抜いて浮力が無くなったせいで
引っかかってもうまく持ち上げられない

そうしている内に止んでいた雨がまた降り出してきて
時間も18時を回りましたので
今日は諦めて作業は終了します

とりあえず
明日までに貯水槽に落ちたパーツ二つを取り出す道具を作って
後は今回取り外した朝日ソーラーの部品を再利用するか
もしくは全て交換するかの確認です

水槽に落ちている部品は今回の修理には必要無いですが
できれば取り出して予備で持って置きたいです

取り外した部品の汚れを取り除いてから寸法を確認してみました

まずはゴムカバー
写真左が長府の代用品で右が朝日ソーラーの部品

長さは(高さ)長府:49mm 朝日:67mm
朝日ソーラー 長府 フロート部品比較

貯水槽にはめる穴の直径 長府:53mm 朝日:47mm
朝日ソーラー 長府 フロート部品比較

取水管が通る穴の直径は長府、朝日共に:25mm
朝日ソーラー 長府 フロート部品比較

貯水槽にはめる穴の直径が6mmも大きいので
代用品で取り付ける時にはスペーサーが必要かと思います
※付属のワイヤークランプ使用して強く締め付けると
一応取り付けは可能の様ですが
ゴムにシワが入りそこから水漏れする可能性があります

長さ(高さ)の方は足りない分貯水槽側に寄せて取り付ければ問題無し

この部品は一部に若干変形と劣化がみられて
将来はここから穴が空きそうですが
今回はまだ使用できる朝日ソーラーに着いていた部品をそのまま使用します



次にフロートにゴムの蛇腹を介して接続している取水管ですが
こちらも左が長府、右が朝日ソーラー

長さ(高さ)が違いますが貯水槽の長さには十分余裕があるので
全く問題ありません

蛇腹を取り付ける上部の細い側部分のパイプの直径は共に22mm


次に先の白いゴムカバーを取り付ける下部の太い側の直径は
長府:26mm 朝日:25mm
朝日ソーラー 長府 フロート部品比較

外カバーに固定する穴の位置も一緒ですが
長府品は穴のみでネジのタップが立ててありません
朝日ソーラーはM4のネジを使用します
なので長府品はドリルネジなどを使用すれば使用可能です

分かりにくいですが穴を合わせた状態の写真
朝日ソーラー 長府 フロート部品比較

今回はこちらもそのまま朝日ソーラーに着いていた部品を使用します

つまり今回購入した長府のフロートは
黒いゴムの蛇腹の部分から使用する事にします

後は明日水槽に落ちた部品を拾い上げるのに
どれ位の時間がかかるのかだけ時間が読めません
これで終了時間が変わってきます

それと今回水槽の中を覗くとやはり長年の使用で汚いし
劣化した白いゴムも水槽内にはまだ残っていると思いますので
できれば中の劣化した白いゴムだけでも洗い流したいです

実はボールタップを取り付けた時に
PPホースを接続しなかったのは
水槽内を洗い流すのにホースを繋ぐ事を考えていました
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する