FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2019年04月08日 (月) 22:49 | 自動車 | 編集 |
現在使用しているソーラーチャージャーですが
パラメーターの細かな設定が出来ます

土曜日に新たなLONG 12V100Ah 密閉型ゲルバッテリー(LGK100-12N)を購入した関係で
この設定を変更していますが前日の夜にもこの設定を変更しました
充電コントローラー設定

昨日はバッテリー充電を途中でやめていたので
本日は満充電までソーラーパネルからバッテリーに充電しました

昼休憩に車に戻り一眠りするついでに
バッテリーの状態を確認です

すでに満充電状態でフロート充電になっていました
ソーラーチャージャーGEL充電

バッテリー状態
ソーラーチャージャーGEL充電

ソーラーパネル状態
ソーラーチャージャーGEL充電

仕事を終えて自宅に到着後に再度状態を確認してみますと
バッテリーを使用していないので
フロート充電をしていると思っていたのですが
Boost充電の表示が出ていました・・なぜ?
ソーラーチャージャーGEL充電

ソーラーパネル状態
ソーラーチャージャーGEL充電

バッテリー状態
更にここで充電にて最大電圧が15.15Vも出ていた事に気が付きました
ソーラーチャージャーGEL充電

Boost充電の状態も気になりますが
この最大電圧15.15Vも更に気になります

前日に変更した設定を再確認してみると
吾輩の設定ミスに気づきました
まずは一番最初の設定はGEL設定にしていましたが
Boost充電の電圧の設定値を変更したくなったので
設定値を好みに設定できるUser設定に変更しました

この時にGEL設定の場合は元々Equalize充電はしない設定でしたが
User設定の場合はこれをしない設定にしないといけないのを忘れていて
Equalize充電の初期設定値15.00Vのままで充電していたようで
これが最大電圧が15.15Vの原因だと思われます

そこでGel設定と同じEqualize充電をしない設定にする為に
Equalize Duration設定を120分から0分に変更しました
これでEqualize充電はしないはずですが
保険でBoost充電の電圧と同じ14.4Vに電圧値も変更しました

変更前パラメーター
パラメーター


次に昼からフロート充電をしていると思っていたのに
夕方に確認するとBoost充電になっていた方は
想像するに天気が悪くなったり走行中に一度トンネルに入る等
何らかの原因でフロート充電が中断した場合
充電出来る状態に復活した時にBoost充電から始まるのだと思います

ただ復活した時にBoost充電する最低限の時間設定するのが
このBoost Durationだと思います

とりあえずこの値は120分の設定を最低の10分に変更しました

他のパラメーターも若干変更して終了しました

変更後のパラメーター
パラメーター

これでまた動作確認してみます
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する