FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2019年03月15日 (金) 19:10 | 自動車 | 編集 |
ドライブレコーダーKENWOOD(ケンウッド)DRV-325の使用で
パソコンの専用のビューワーソフトROUTE WATCHER IIでは
表示される走行経路が1ファイル分(設定で最大5分間)しか表示されません

そこでグーグルマップのマイプレイスを利用して全走行経路を地図表示する方法として
これまでKENWOOD ROUTE WATCHER IIで全走行経路を地図表示する方法にて行っていましたが
もっとシンプルに変換で来る方法が無いかと調べてみると
RouteConverterという無料のGPSツールの存在を知りました
このツールはウィンドウズ、Linux、マックに対応しています



まずこのRouteConverterは82種類のGPSのログファイルをサポートしているので
これにてGPSログファイルを取り込んで
グーグルマップのマイプレイスに読み込めるファイル形式で書き出します

今回は2019.2.9-11 名古屋に往復した時のGPSログデータを使用しました




書き出す前にGPSの測位誤差の位置修正等の編集を
マップ表示して修正できます

編集前のGPSの測位誤差が生じている経路表示
編集前

RouteConverterで経路編集後の経路
編集後


修正後ファイルを書き出しますが
書き出す時は”ファイルをエクスポートする”を選びます

名前をつけて保存でも書き出せるのですが
この方法で行うと編集中に読み込んだファイルを
分割しポイントリストに複数リストが存在している場合
複数のリスト全てが保存されてしまいます

メニューのファイルリストからの”保存”や”名前を付けて保存”は
RouteConverterの作業ファイルを保存するメニューであり
他にファイルを読み込ませる為に書き出す場合は
ポイントリストメニューに在る
”ファイルをエクスポートする”を選びます

マイプレイスに読み込めるファイル形式は
CSV,XLSX,KML,GPXで容量の上限は5MBまでです
マイプレイスインポート

個人的にはデータ量がシンプルなGoogle Earth 3 (*.kml)形式が好みですが
こちらは表示したいデーターによって使い分けると良いでしょう
ただし先にも書きましたが上限のファイル量は5MBまでです

これで今までより簡単な方法で経路を編集し公開出来るようになりました
自宅周辺の経路を編集し削除した経路
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する