FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2019年03月11日 (月) 23:10 | 自動車 | 編集 |
前日の日曜日に
これまでソーラーパネルと車体のルーフ部分の
凸面を収めるのに銀パネを使用してパネルに仮止めした状態で
車体に取り付けていたので
これをダイソーの隙間テープで外周りを貼り
内部をこれまで使用していた銀パネを再利用して貼り付けました

今日の仕事帰りに
ふと来月に東京まで行くのを思い出し
ソーラーパネルを着けた状態で初の高速道走行という事になるので
確認しておかないとと思いつき
丁度前後に車が居なかったので確認する事に。。

加速していくと時速90キロ位でいきなり屋根から音がした!って
思った瞬間と同時にソーラーパネルが外れて後ろに飛ばされていました

丁度トンネルの中を走行中だったので
トンネルの外に出てから車を止めて
外れたソーラーパネルの回収に向かいます

取りに戻っている途中で
すでにソーラーパネルはお釈迦になって
再度購入しないといけないなぁ〜と思いつつ
後続車にパネルを少しでも踏まれない様にと久々に小走りして急ぎます

何台かの後続車が通過していきましたが
路面に落ちているソーラーパネルを無事に回収できました

外観は見た目そんなに傷んでいません
車に踏まれたようなタイヤ痕跡も無しでした

家に戻ってから再度確認確認します

車体側に損傷は全くなし

ソーラーパネル外観は細かな擦傷がありますが
落ち方が運良かったのでしょう
大きな目立つ傷は無く電源ケーブルは
コネクター部分で切れていました

ソーラーパネルを車体に固定していた4本の紐は
車体側のハトメの部分が4つ共ち切れていました

とりあえずテスターで電源が来ているか調べると
問題無く電源も生きてました

そしてよく見るとタイヤ痕らしき跡が1本在りました

新しいMC4コネクターに付け直してソーラーパネルは復活しました
車に戻り結線してソーラーチャージャーにて再確認しましたが
ソーラーパネルに問題はなさそうで良かったです

今回ソーラーパネルが飛んだ原因は
もちろん風圧に耐えられなかった事ですが
前日に隙間テープと銀パネを
これまでより多く使用してしまいました

その結果ルーフの凸面にこれまでよりフットせず若干の隙間が生じていたので
固定した紐をこれまでより強く引っ張った状態で固定しました
これまでより強く引っ張った状態で
隙間によりこれまでより浮いてしまい
その結果強い風圧が加算されたので紐が切れたのだと思います

なので以前購入していたワイヤーを使用して固定をやり直します

風圧が掛かる前側はワイヤーにて固定して
後部側はこれまで通りの方法でハトメで固定します


これで時間が無くなったのでとりあえず一般道走行は大丈夫だと思うので終了します

後は固定したパネルの状態はワイヤーに変更した以外は
全く同じなので今回同様ソーラーパネルが浮き外れる可能性があるので
ソーラーパネルが浮かないように
後日車体とソーラーパネルの間に空気が入って浮かない様に
隙間テープを前に貼りたいと思います
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する