FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2019年02月27日 (水) 23:17 | 車中泊 | 編集 |
前日に引き続きG500ポータブルバッテリーを
車に取り付けた100Wのソーラーパネルから充電
してみます

ちなみに前日までは車のバッテリー上がりにならない様に
充電をセーブした充電時間を昼から15時までのLOAD ON設定でしました

その結果190Whを発電し同じ190Whを消費(充電)しています
190Wh

今日は天気も前日より悪く
攻めの充電設定にして
車のバッテリーの容量も充電に回して
朝の7時半位から15時までのLOAD ONの設定

朝からG500を充電してみました

15時でLOADをOFFにしているのは
帰宅までの残り時間で容量の減った車のバッテリーにソーラーパネルから充電します

15時以降の天気によっては最悪車のバッテリーが上がっている可能性もあります

結果は車のバッテリー電圧は12.3Vでした
ソーラーパネルからの発電は220Whで
充電は(消費電力)390Wh
となりました
390Wh


朝充電スタート時
G500の充電表示は1セグメントの点滅でしたが
充電量を確認すると4セグメントまで充電できていましたので
390Whの充電で合っていると思います
そして15時の段階でまだ充電していたことになりますね

さて問題は発電した220Whの方です

大体9時間発電してその内の約7時間分が
G500側に充電されていますが時間帯で発電量も違います

単純に時間当たりで割った7時間だと
約170Whがソーラーパネル側からG500に充電され
390-170=220で220Whが車の鉛バッテリーから充電に供給されて
15時以降に50Whが車の鉛バッテリーにソーラーパネルから充電されたという計算

今使用している車の鉛バッテリーは
5時間率で28Ah表記なので
実際に使用できる容量の目安は
新品だと28×0.8×12=268Whとなります

今回は220Wh以上がバッテリーから供給されているので
5時間率以上の消費(充電)電流とバッテリーの劣化も考えると
過放電ぎりぎりまで放電していたのには間違いはなさそう

安全を見て鉛バッテリーの容量は200Whを目安にしたいと思います



Battery Settings
Battery Type:User
Rated Voltage Level:12V
Battery Settings

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する