FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2019年01月27日 (日) 20:27 | 自動車 | 編集 |
先日suaoki G500へ600Wのモジュール使用で
充電に問題が無い事を確認できました
DROK 600W 12A DC促進的な電圧コンバータ12-60V〜12-80V
昇圧的な電源トランス モジュール レギュレータコントローラ
by カエレバ



電圧と電流を計測するテスターを外した
通常使いでシガーソケット使用の充電では
接続直後は100W超えでその後大体97W前後の表示で充電できていました
suaoki G500 600Wモジュールシガーソケット充電

電圧と電流を計測するテスターを外した状態だと
抵抗が少なくなる為か5W位充電表示量が上昇しましたので
これをバッテリー直付けケーブルに繋ぐと
更にもう少し充電量が増えるかもしれません

その前にこのエーモンのバッテリー直付けケーブルでは
1.25sqの電線を使用しているのに使用環境を考慮して
10Aヒューズが刺されたちょ〜安全仕様なので
自己責任で15Aヒューズに差し替えて使用することも考えましたが
約140Wの充電では約14Aが流れていたので
将来140W充電することを考えて
安全重視でケーブルを2sqの太い仕様に変更する事にしました

地元よりも値段の安いヨドバシドットコムで今回も注文しました
後日バッテリー直取りで配線をやり直しました
注文ついでにエーモン1680 電源取り出しターミナルも購入していたので付けてみました
エーモン バッテリーターミナル
ただしフィットのバッテリーターミナルにそのまま取り付けると
残念ながら斜めになりますので水平に近い状態まで曲げました


充電量を確認してみるとやはり抵抗が減ったからでしょうか

結線直後は107W表示でその後も104W表示で充電していました
suaoki G500 バッテリー直付け2sqケーブル

suaoki G500は放電深度が90%の設定で450Whしか使用できません
更にバッテリー保護の為充電中満充電に近づくと
充電パワーが制御されて満充電までは非常に時間がかかります

実際のACアダプターでの充電では
最初は80W前後で充電していますので
計算上450Wh/80W=5.6Hで約5時間40分程で充電完了
動画やブログの検証でもこの計算上○時間で充電できると紹介していますが
実際はそうはなりません

実際に容量が10%以下になり
自動電源OFFになった(450Wh充電可能)状態から
充電を開始してみます

計算上満充電で充電が完了している約6時間半の経過では
充電状態を表示している5セグメント表示が
5つ目の点滅状態で容量は80%以上になります
まだ80W前後表示で充電をしていますが
7時間を経過してからやっと時間経過と共に
充電パワー表示が徐々に下がりはじめて
7時間半から8時間位で充電が完了しています

つまり計算上満充電できる時間では
実際には充電容量が80%を越えた位です

これ以上の充電を継続してもコントローラーで充電パワーが抑えられるので
計算上の満充電できる時間で充電を終了した方が
個人的には容量が80%を越えで充電効率が良いしバッテリーにも優しいので良いと思います

つまり計算上100Wでしたら4時間半を目安に充電をやめれば
80%以上の充電ができている事になります

140Wでは3時間15分で80%以上の充電が出来ることになります
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する