FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2019年01月18日 (金) 23:24 | 自動車 | 編集 |
仕事から帰ってくると先日注文していた600Wのモジュールが届いてました
DROK 600W 12A DC促進的な電圧コンバータ12-60V〜12-80V
昇圧的な電源トランス モジュール レギュレータコントローラ
by カエレバ


バングッドは中華系の通販会社なので
中国から商品が送られてきますが
やはり取り扱いが日本人と違って雑な様で
届いた商品に緩衝材が巻かれてなかったりしたり
たまに不良品が届いたり
商品説明の写真と違うコピー商品が届いたりします

慣れてくると笑えますがこの場合の手続きがちょっと面倒です

中の商品を確認するとちゃんと緩衝材に巻かれていましたが
モジュールには直にテープが貼られて包装されていていました
やっぱりこんな所は中国製(笑)

放熱板にテープが貼られていた粘着剤が残ってしまいました
600W 昇圧モジュール

結線後すぐに初期不良がないか確認を取りました
一応届いて3日以内は3日間 DOA 製品保証というのがあります

脱線しましたが初期不良の確認も兼ねて
室内でバッテリー充電器を使用して半固定抵抗器で電圧と電流の調整をします

ところがこの半固定抵抗器が曲者で
電源を入れた状態で電圧の調整後
電流の調整をしたのですが
ネジを回しても電流の変動が不安定で正直全く調整できず

いろいろ試してみると
モジュールと接続しているバッテリー充電器との相性も悪いみたいで
電源のON/OFFを繰り返して電流を最低にしました
後で解ったのですが反時計回りに回していくと抵抗が空回りしている感触が在る所が最小でした

その後車に移動してエンジンを掛けない状態でACCポジションにて
電圧と電流を調整しその後エンジンを回して最終調整と確認終了です

とりあえず26V 3.5A 90Wの付近で調整しました
600Wモジュール 電圧電流調整

suaoki G500の充電表示も93W前後です
600Wモジュール 電圧電流調整

これで計算上バッテリーからの電流は7〜8Aです
これなら150Wで13A台になる計算ですがとりあえずこれで様子見です

そうそう今回のモジュールについている
半固定抵抗器ですがデータシートには回転寿命200サイクルとありましたけど
今回それぐらい回したような気がしますけど(^_^;)
とりあえず回しすぎて壊れて無かっただけ良かったです


翌日電圧と電流を計測するテスターを外した
通常使いの結線状態で充電しながら110分程のちょい乗りをしてきました

バッテリー直結はしないシガーソケット使用の充電で
接続直後は100W超えでその後大体97W前後の表示で充電できていました
suaoki G500 600Wモジュールシガーソケット充電


モジュールの発熱も150Wモジュールとは段違いで
ほんのり温かくなる程度でこれなら長時間の充電にも問題無く使用できそうです

電圧と電流を計測するテスターを外した状態だと
抵抗が少なくなる為か5W位充電表示量が上昇するみたいで
これをバッテリー直付けにすると更にもう少し充電量が増えるかもしれません
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する