猫の手紙

このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです。過度の期待はしないでください

Top Page › 自動車・車中泊 › >自動車 › suaoki G500 車載時の充電を方法を考える その2

2019-01-14 (Mon) 23:59

suaoki G500 車載時の充電を方法を考える その2

連休最終日
時間を持て余していたので注文した600Wモジュールとシガーソケットは
まだ届いていませんが先にバッテリーから直に電源取り出しして
仮に結線して150Wモジュールで充電量を確認してみました

まずフィットのエンジンルームから車中に入れるバッテリーのコードですが
車中に引き込むのに全く心配していなかったので確認していませんでしたが
実際に確認してみると
全くエンジンルームから車内に引き込める箇所が在りません

実際には助手席側にゴムパッキンをしてある箇所が在り
そこからコードを引き込めそうなのですが
そこには簡単には手が入りません

そこにアクセスするには
ワイパー外してエンジンルーム上部にある
プラスチック製のフードを取り外してからじゃないと無理ですね

簡単に言えばイグニッションプラグの交換する時の手順に近いですね
そこで一度はついでだから勉強がてら外してみるかと考えて
ちょっとだけ行動を起こしたのですが
めんどくさくなり戻しました

次にエンジンルームの室内への外気取り入れ口から
コードを入れようかとも考えましたけど
それも手間と時間がかかりそうで断念

結局は助手席側のフェンダーの裏側を通して
ドアにパワーウインドウ電源等が出ている箇所から
車中に入れ無事終了しました
フィット バッテリー直付け 電源取り


結線してまずはエンジンを掛けて通常通り
アクセサリーソケットから充電してみます

今回は14V以上の電圧が出ていましたが
充電は以前の90W台ではなく50W台でした
suaoki G500 車載充電

次に15V位に昇圧した状態の
150Wモジュールを今回バッテリー直付けで接続したケーブルから充電してみます

通電してたのですがすぐに通電しなくなります
確認すると10Aヒューズが切れてました
まずは結線を確認してから
今度はエンジンを掛けない状態で確認し見ると
エンジンを掛けてない状態で電流が10A台流れていました

原因が分かった所で切れたヒューズを一時的に10Aから15Aにして
エンジンを掛けて再確認します

すると12.7V 14.1A 179W流れていました
suaoki G500 車載充電

suaoki G500は144W表示で充電しています
suaoki G500 車載充電

14Aだとそりゃ〜10Aヒューズが切れますよね
原因が確認できたのですぐに結線を外します

どうやらバッテリー直付けで使用した150Wモジュールが
MAXの150Wで動作したみたいです
室内でバッテリー充電器をブースト25Aモードにして調整したのですが
車のバッテリー直接続だと180W程の電力が流れていたので
これだと電線かモジュールが逝ってしまいます

やはり別注文した600Wモジュールで出力電圧と上限電流を設定しないといけませんね

そしてこのお役御免になる150Wモジュールですが
標準のACアダプターでの充電では発熱がひどいので
15V位の設定にして充電を60W位に抑えて今後使用したいと思います

つづく
関連記事

最終更新日 : 2019-01-29

Comments

  

業者の方の営利目的の書き込みはご遠慮ください。今後削除させて頂きます