FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2018年12月24日 (月) 20:23 | バングッド(Banggood) | 編集 |
12V車のカーシガーソケットからは電圧が14V以下の場合
内蔵されて居るソーラー充電コントローラ(MPPT)で充電できず
時間が掛かり更に満充電できません

逆に14V以上40V未満の場合はソーラー充電コントローラ(MPPT)の働きによって
効率よく充電されます

今回名古屋に行った時に
初めてカーシガーソケットから充電してみると
96Wの表示で充電できました

これにはちょっと驚きで
他の方の情報から20W前後と思っていたからです

充電開始時suaoki G500のバッテリー残量が
セグメント1つが点滅の表示で20%以下になっていましたが
約2時間弱の移動中の充電でセグメント3つ表示まで充電できました
Suaoki G500

今回は夜間移動中に車載保冷庫とsuaoki G500の充電を
同時にしたのが原因なのか
冬で気温が下がりラジエータの冷却ファンが作動してないのが原因なのか
常に14V以上の電圧が出ていたのが要因みたいです

ただオルタネーターを常に使用して負担をかけるのにも抵抗があり
それなら昇圧モジュールの使用でオルタネーターが止まっている時でも
14V以上の電圧がかかる様にしたいと考えました

フィットのアクセサリーソケット(シガーソケット)はMAX10Aで120Wまで対応していますので
安全を考えて100Wまで上げて充電できれば計算上8.3Aとなり充電の時間短縮ができると思います

そこで昇圧モジュールを探して見ましたが
やはりバングッドが安いです
バングッドから2品の候補が見つかりました

DC-DC 10-32V〜12-35V 150Wブースト調整モジュール 331円

DC-DCブーストコンバータ 10-32V 12-35V ステップアップ 調整可能な電源 150W
by カエレバ



600W 12A DC 8V〜16VまたはDC 12V〜60V可変ブーストコンバータ
電源ボードステップアップモジュール
 1,639円

DROK 600W 12A DC促進的な電圧コンバータ12-60V〜12-80V
昇圧的な電源トランス モジュール レギュレータコントローラ
by カエレバ



お値段の高いモジュールは高い分
対応出力も600Wと大きく出力の電圧と電流が調整できて安全装置も内蔵されています
こちらの方が安全性も考えるとお勧めですが
今回は100Wでの充電を考えて居ますし
suaoki G500は最大150Wまでの充電に対応して居るので
安いし丁度150Wのモジュール使用で問題なさそうです

このモジュールをsuaoki G500に付属していた車用充電ケーブルを加工して
間に組み込めば問題無く使用はできるはずですが
これで100Wでの充電ができるかはまた別問題ですが
14Vで96W充電できていたのでモジュールの電圧を上げていけば問題なく充電できると考えてます
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する