FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2018年12月09日 (日) 19:02 | 自動車 | 編集 |
先日の車内の湿気取りの続きです

注文していたシリカゲルA型と不織布収納袋が届いたので
シリカゲルを入れ替えて取り出したシリカゲルB型を
車内の湿気取り用にします

エーワン やさしくまもる不織布収納袋 SSサイズ (10枚入り) SB446
by カエレバ


なんでも除湿シリカゲル 1kg
by カエレバ


シリカゲルB型をまず以前購入したストッキングタイプの水切りネットに小分けしてから
今回注文した不織布収納袋に分納します

不織布収納袋の厚さも色付きシリカゲルも透けて見えてちょうどいい感じです
車内の湿気取り 不織布収納袋の厚さ

リピート除湿器から取り出したシリカゲルB型全部
大体1300gを今回車中に置くことにします
シリカゲルB型


このシリカゲルB型をまずストッキングタイプ水切りネット8つに小分けします
車内の湿気取り 小分け

小分け後不織布収納袋に入れて使用しますが
最初不織布収納袋1つに小分けしたシリカゲルを2つ入れる予定でしたが
最終的に4つ入れる事にして不織布収納袋2袋にまとめました

次に車に移動して設置になります

まず使用しない助手席の足元に出る吹き出し口の暖気は車中の暖房には使用せず
そのまま乾燥剤に接してから内気循環の空気取り入れ口に戻る形を考えていました

実はこの段階になっても色々と試行錯誤してまして
吹き出し口にホースをつけてその先に乾燥剤入りのボックスを繋いで
最終的にそのボックスからホースで内気循環の空気取り入れ口前まで
持っていく事を最初は考えてました

でも最終的には足元の吹き出し口付近のエリアをダンボール紙で仕切って
足元の奥部分は乾燥剤を置くエリアにしました
車内の湿気取り 分室

ダンボール紙の仕切りを外すと奥は乾燥剤を置く場所です
でも乾燥剤をフロアに直置きする状態では空気と触れる部分が
上部だけでフロアと接地している下の部分が吸湿しないので
ここは後で浮かせたいと考えています
車内の湿気取り シリカゲル設置

さらにグローブボックス裏にあるエアコンフィルター取り付け部分の
上部にある内外気切り替え部分ですが
ここが内気循環の時は空気取り入れ口になります

外気導入の状態
車内の湿気取り 外気取り込み

内気循環の状態
車内の湿気取り 内気循環

ここの内外気切り替えの部分にもダイソーの押し入れ用シリカゲルB 50gを
折りたたんでただ置いただけです 真似されても良いですが自己責任でお願いしますね
車内の湿気取り シリカゲル設置

この状態で内外気の切り替え操作しての確認です


これで内規循環の時は暖気がシリカゲルに当たってから車中を循環します

条件によっては吸湿する場合もあれば放出する場合も考えられますが
効果があるかどうか判りませんがこんな感じでしょうか


乾燥剤の置く場所をダイソーのコンテナを利用して
下から浮かせました
車内の湿気取り コンテナを使用したシリカゲル置き場


また仕事帰りに会社駐車場でガラス全体が曇った車を多く見た時に
吾輩の車に曇りはありませんでした
もちろん曇ってない車の方が多かったのでなんとも言えませんが
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する