猫の手紙

このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです。過度の期待はしないでください

Top Page › >日記 › ダイソーの温湿度計とDigoo温湿度計の比較

2018-12-03 (Mon) 20:42

ダイソーの温湿度計とDigoo温湿度計の比較

湿度計が壊れたので手持ちのダイソーの湿度計と入れ替えてその実力を確認してみました

壊れた湿度計(左)と交換したダイソーの温湿度計(右)
カラリット 湿度計

とりあえずダイソーで相当以前に購入して
その後放置状態になっていた温湿度計と
バングッドで購入したデジタル温湿度計との精度を比較してみました


ただしデジタル温湿度計の湿度の表示レンジは10%〜99%までです

乾燥剤(シリカゲルA型)の入った乾燥箱を密封した後の表示では
Digooは18.9度30%、ダイソーは21度42%
温度は約2度差で、湿度計は12%の誤差が出ています
湿度計取り替え直後

3時間後
Digooは19.1度10%、ダイソーは16度20%
温度は約3度差で、湿度計は10%の誤差が出ています
湿度計取り替え3時間後

10時間後
Digooは12.9度10%、ダイソーは11度12%
温度は約3度差で、湿度計は2%の誤差が出ています
湿度計取り替え10時間後

15時間後
Digooは18.3度10%、ダイソーは16度8%
温度は約2度差で、湿度計は2%の誤差が出ています
湿度計取り替え15時間後

45時間後
Digooは17.6度10%、ダイソーは16度10%
温度は約2度差で、湿度計は0%の誤差が出ています
湿度計取り替え45時間後

アナログの湿度計は反応が遅く湿度の急な変化には不向きですが
10時間ほど放置しておけばほぼ正確な値に近い表示になりそうで湿度の目安にはなりますね
関連記事

最終更新日 : 2018-12-03

Comments

  

業者の方の営利目的の書き込みはご遠慮ください。今後削除させて頂きます