FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2018年10月28日 (日) 00:59 | ヘルスケア | 編集 |
林修の今でしょ!講座で
サバ缶とイワシ缶とサケ缶はすごい!という番組をしていました

今年の健康診断後に診断の結果はまだ出ていませんが
血糖値や糖尿がやばい感がしたので減量を決意しました

そこで偶然みたこの番組

減量中にこの缶詰をローテーションで夕食に取ろうかと考えたりしています

サケ缶
・アスタキサンチン
 体の酸化防止
・さけ缶×油 サケ缶×トマト
 抗酸化Wの効果

調理例 ブロッコリーとサケ缶のオリーブオイル炒め
    サケ缶とトマトのサラダ

イワシ缶
・血管の老化を防ぐ
 EPA(血栓防止)&イワシペプチド(血圧上昇を抑制)が豊富
・イワシ缶×梅干し
 血流を良くするパワーアップ

調理例 イワシ缶の梅煮、イワシ缶×梅干しの炊き込みご飯

サバ缶
・骨を老けさせない
 骨(カルシウム)が多くカルシウムの吸収を助ける血合(ビタミンD)が多い
・脳を老けさせない
 DHAが豊富に含まれている
・肥満を予防(脂肪燃焼効果)
 EPA&DHAが痩せるホルモン(GLP-1)の分泌を促進

調理例 サバサラ(サバ缶×マヨネーズ×玉ねぎ) 好みで醤油を 骨折肥満予防
    サバ缶と根曲り竹の味噌汁(サバ缶×根曲り竹×味噌) 肥満予防
    ひっぱりうどん(うどん×サバ缶×納豆) 骨折予防

サバ缶は栄養価が高い10月から12月の旬の賞味期限(製造日の3年後)を選び
効率的に摂取できる朝に食べると良い

まぁ3種の缶詰を頂くのが相乗効果が期待できベストですが
サバ缶だけでも良いかもしれないですね


さらにお茶

・血管の詰まりに良い作用があるのは緑茶
 悪玉コレステロールを減らす作用
 緑茶は一日5杯以上10杯くらいを目安に
 先に湯飲みにお湯を入れて少し冷ましてからお茶を入れる方が効果的
 トクホ緑茶は一日1本を目安に
 食後3時間後に緑茶を飲むのが理想的

 飲む以外ではお茶殻の茶葉を食べるのが効果的
 茶殻チャーハン、スムージー、お茶がら×鰹節×ポン酢、茶殻の天ぷら
 ティーパックや寿司屋で出される粉末化にしたお茶もさらに効果的で
 鉄分の吸収を抑制するので貧血の方は一緒に摂らない

 水出しは別にリラックス効果がある


・睡眠に良いお茶は麦茶
 麦茶の香りでリラックス効果
 温かい麦茶で就寝前に1杯程度を目安に


・血糖値対策に良いお茶は玄米茶
 W効果(玄米のガンマオリザノール×緑茶カテキン)で血糖値を下げる働き
 血糖値が上がる食前に飲む

 オススメレシピ 玄米茶を使ったお茶漬けで血糖値の上昇を抑えてくれる


・毛細血管に良い働きがあるのはルイボスティー
 毛細血管の壁を剥がれにくくする


・腸に良い働きが期待できるお茶はどくだみ茶
 腸のぜんどう運動を促進し毒素を排出する作用


他に紅茶には抗ウイルス効果、烏龍茶は脂肪を分解して中性脂肪を減らす効果が期待される
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する