FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2018年09月25日 (火) 00:10 | 東芝 RDシリーズ | 編集 |
あえて何のアプリかは説明しませんが
以前からHDVR Decrypter1.00を使用していましたが
久々に使用してみるとOSをWin7からWin10にアップグレードした事が
原因と思われる動作不良が発生しました

試行錯誤した結果なんとか目的を達成できるようになったのでここに使用手順のメモを残します

まずアプリケーションは全てWin7互換モードの設定にします

そしてDecrypter.cmdからHDVR Decrypterを使用します

まずディスクID確認で取得に失敗する場合
その場合、先にディスクを入れた状態からDecrypter.cmdを操作したり
先にDecrypter.cmdを起動してから後からディスクを入れたり
PCを再起動したりすると
ディスクIDを取得できる事があります

それでも取得できなかった場合は
他の方法でディスクIDを取得する方法を探すが諦めた方が良いかもしれません

disk_id.txt(取得できた時の例)

DVD_disk_Id Ver 1.0 by taku
drive: MATSHITA BD-MLT UJ260AF 1.00 303042343930343032393732

disk_Id: 0000012700483de6




disk_id.txt (取得できなかった時はエラーコードが記録されています)

DVD_disk_Id Ver 1.0 by taku
drive: MATSHITA BD-MLT UJ260AF 1.00 303042343930343032393732

Error code: 23A02



編集でdisk_id.txtファイルを開いてこの様に運良くディスクIDが取得できていたら
disk_id.txtとdisk_id2.txtの2ファイルを次回の操作時に取得に失敗しても
成功した時のこのファイルが消されない様にプロパティを開いで
ファイル属性を読み取り専用に変更します

これは同じディスクのみでファイルをコピーする時はディスクIDが変わる事が無いので
ディスクID取得を失敗する頻度によっては専用ディスク1枚で作業した方が良いと思います

ログにfindstrが無いような意味の表示が出る
findst.exeをファイル検索して
同じフォルダにコピー移動します
大体System32のフォルダに居ると思います

スクリプトエラーが出る
ファイルの最後を超えた入力を行おうとしました

・「書き込みできませんでした」
これは先のdisk_id.txtを読み取り専用にした為で
無視して表示ウインドウの閉じるアイコン"×"もしくは”OK”を押して表示を消してください

・「ファイルの最後を超えた入力を行おうとしました」等の表示が出る
これはディスクID確認で取得に失敗して想定外の文字数になって居る為に出ます
この場合すでに取得が失敗していますのでウインドウを閉じて処理を停止して
再度ディスクID取得を行います

成功ログ例


C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter>set dvddrive=H

C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter>cd /d C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter¥
ディスクID確認開始

C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter>DVD_disk_Id.exe H: 1>disk_id.txt
アクセスが拒否されました。←読み取り専用に変更しているので書き込みできない為です
ID確認終了

C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter>findstr "disk_Id:" disk_id.txt 1>disk_id2.txt
アクセスが拒否されました。←読み取り専用に変更しているので書き込みできない為です

C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter>delkey.wsf disk_id2.txt

C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter>copy /A unkey.bat+disk_id2.txt+unkey2.bat unkey3.bat
unkey.bat
disk_id2.txt
unkey2.bat
1 個のファイルをコピーしました。

C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter>unkey3.bat

C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter>set diskid=0000012700483de6

C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter>hddvd_vr_aacskeys.exe H: v 0000012700483de6
HDRec aacskeys Ver 0.1 by taku
Current path C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter¥
Processing key: 455FE10422CA29C4933F95052B792AB2
Encrypted C-value: C788C55183A078483E05DBC7899318BC
Corresponding uv: 00000049

Decrypted C-value: DBA969BE8202966586E9D847B4EC6A66
Media key: DBA969BE8202966586E9D847B4EC6A2F

Encrypted verification data: 0F8F8C7F1677F702A13D314D0E2D47C4
Decr verif data should be: 0123456789ABCDEF
Decrypted verification data: 0123456789ABCDEF8394A33C4C408676

Volume ID: 25B946EBC0B361730000012700483DE6
Binding Nonce: 00000000000000000000000000000000
Protected Area Key: 5EE130D5F3B029CEDBBA101C011DEE50

H:¥AACSHD¥HR_S01_TKFx.aacs ->
Usage Rules: A1ABEFF878A479EEE39C6B544C5904C2
Encrypted Title Key 1: 57AD816AC49B9A5F65141C2D19BEBF48
Decrypted Title Key 1: 1BBE338E6C87B564667DF73DC5C7C837
MACid 1: 0D28C40BA063B1EBC29FD688CCC20CF6
MACid 1 =: 0D28C40BA063B1EBC29FD688CCC20CF6
Usage Rules: A1ABEFF878A479EEE39C6B544C5904C2
Encrypted Title Key 2: FE80FBFA032DBE251DF131183345D7AA
Decrypted Title Key 2: 34E4F4310CEE2B200458B892F79D578A
MACid 2: 392459BCD7985F643934013397357666
MACid 2 =: 392459BCD7985F643934013397357666

*ログに上記赤文字部分が表示されて無い場合は失敗です
 対応策は一度ディスクを初期化してやり直す


ディクリプトキーを取得しました。
続いて、DVDからビデオ本体ファイルをパソコン内にコピーします。

C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter>copy /y H:¥DVD_HDVR¥HDVR_SOB¥HR_STR01.SRO HR_STR01.SRO
1 個のファイルをコピーしました。
コピーフリー化作業を開始します。

C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter>hddvd_vr_decrypt.exe
HDRec Conversion tool Ver 0.1 by taku
HR_STR01.SRO->
13112 / 19417
19417 / 19417

C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter>set free_pass=¥Users¥〇〇¥Videos

C:¥Users¥〇〇¥Downloads¥HDVR Decrypter>move /-y free_HR_STR01.SRO ¥Users¥〇〇¥Videos¥free_HR_STR01.TS
C:¥Users¥〇〇¥Videos¥free_HR_STR01.TS を上書きしますか? (Yes/No/All):



これで吾輩の場合問題無くコピーできています



後日、Decrypter.cmdを
ディスクID取得専用.cmdとディスク書き込み用.cmdの2つに分けました

これによっていちいちファイル属性を読み取り専用に変更しなくても良くなります
1枚のディスクで作業する場合は
一度ディスクID取得が成功して入れば
その後ディスク書き込み用のみの使用で書き込めますので
取得に失敗してディスクIDデータに上書きしてディスクIDを消す事がありません

複数のディスクを使用する場合は
使用する前に入れたディスクのみディスクID取得をしたら良い

ディスクID取得用.cmd

set dvddrive=◯
cd /d %~dp0
@echo ディスクID確認開始
DVD_disk_Id.exe %dvddrive%: >disk_id.txt
@echo ディスクID確認終了
findstr "disk_Id:" disk_id.txt >disk_id2.txt
delkey.wsf disk_id2.txt



ディスク書き込み用.cmd

set dvddrive=◯
cd /d %~dp0
copy /A unkey.bat+disk_id2.txt+unkey2.bat unkey3.bat
unkey3.bat

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する