FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2018年07月15日 (日) 22:07 | 車中泊 | 編集 |
13日

仕事を終えてから給油に

給油ではスピードバスを使用していますが
以前カードを不正利用されたのでカードを切り替えしたので
スピードパスに登録してあるクレジットカードの切り替えです

通常レジでの切り替えだけでも済むのですが
何らかの問題が生じた時用に免許証の画像データーも別に登録しました

話を戻して21時に家を出ました
今回は車載用冷蔵冷凍庫を簡易クーラーとして使用します

ただ今夜は名古屋まで行かず道の駅美濃白川で車中泊で
時間的には余裕を持って出発です

家を出てすぐにローソンに立ち寄り
以前頂いていた今月までが使用期限の無料クーポンで
アイスコーヒーを頂きます
ローソンマチカフェ ローソンマチカフェ

無料チケットはあと一枚あるので帰りにも使用したいです

国道41号線を名古屋方面へ南下していくと
道の駅の前に存在する最後のローソンに再度立ち寄って
今夜の夜食と明日の朝食を調達します


14日

日が変わり丁度1時に道の駅美濃白川に到着します
いつも停めている場所には先客が居たので
少し距離を開けて停めます

道の駅の無料Wi-Fiに接続してしばらく夜食を頂いきながら過ごしてから就寝です

ところが何か食べた物が悪かったのか
体がかゆくなって気になって寝ることができません

結局持ってきて居たアレルギーのかゆみ止めを飲み
さらに塗り薬も使用して何とか寝ることができました

翌朝足を見ると足を引っ掻いた傷が醜く多数残って居ました

翌朝名古屋の駐車場に9時に到着する予定で
7時を回ってから道の駅を出発します

ところが名古屋市内に入ってから急に腹痛に襲われます
かけ毛布をしないで寝て居たのが悪かったのでしょうか?

腹の痛みと戦いながらその後痛みが消えて行ったのですが
その後に今度は腹の調子が悪いつながりで急にトイレに行きたくなります

目的地の手前で予定外のコンビニに立ち寄ります

中のものを出してからその後は体調に問題は無く
無事に駐車場に予定通りの9時に入ります

4台の空きがありいつもの奥の場所も空いて居ました
まぁこの場所が一番車を停めにくいので空いている確率は高いです

車中を車中泊モードに変更して
換気扇をオートモードにして車を離れます

とりあえず暑いので涼しい所で朝食をとり
10時の店の開店時間まで長居ができるお店と言う事で
今回は以前行ったことがあるやよい軒 栄四丁目店

9時20分過ぎにはお店に到着して
がっつり食べたい気分もあったのですが朝の腹痛もあり
ここはおとなしく以前注文した目玉焼朝食460円となりました

一応ご飯大盛りの十六穀米のオーダーなのですが
いま撮った写真を見ると不自然に白米が乗っかっているじゃん

これはいただけませんねぇ〜
やよい軒 栄四丁目店

どちらにしても最近のモーニングは喫茶のモーニングより
お得感があるし健康にも良さそうなやよい軒の方がお気に入りです

こちらは先に食券を購入して食べたら勝手に帰るだけで
セルフで水やお茶も飲めますので意外と近所の年配の方の常連さんも多いみたいです

白米のご飯のお代わり自由だと
もし自分が老後に頂くのであればこのやよい軒みたいな所で朝食を
1日分をたっぷり頂いて過ごしたいですね

ここで予定通り10時を回るまで長居をして過ごします
その後いつものダイソーの入っているスカイルに向かい時間つぶしです

ダイソーでは猫カフェで使用するアレルギー対策でマスクと
他にお菓子と飲み物、洗車用に玄関の蛇口用に散水ノズルとコネクターなど7点を購入します

12時を回った所で大須商店街の大松へ向かいます
大松に到着すると我輩の前には1組2名の順番待ちがいましたが
すぐに順番が来て案内されました

案内されたのが4人席だったので申し訳ないですが
今回はゆったり使わせてもらいます

ここではいつものランチで
季節柄ミニひつまぶしを注文しました

今回出て来た時に感じたのですがやはりうなぎが以前より小さくなった気がしました
大松 ミニひつまぶし

過去の写真と比較すると出てきた部位が
胴の部分と尻尾の部分の差なのかな?

まぁうなぎは高騰していますから
ランチでうなぎは今後お得感が感じなくなる気がするので(それでもこの値段でうなぎはお得だと思います)
他の注文にしたいと思います

過去にいただいたミニひつまぶし
うなぎ 大松

ちょっと以前より満足感が無く物足りなさが残して食事を終了します


次にメインイベントの猫カフェに向かいます
Cats Galleryに1時過ぎに到着!

土日祝日限定の3時間プラン2,000円を
ポイントカード使用割引で今回は1,000円にて楽しみます

この時点で名古屋市の気温は37度台

これが原因なのか
お客さんも少なくて楽しめました

そして朝にアレルギー薬を飲んだのが原因かもしれませんが
睡魔がおそってきました
やはり就寝前に飲む薬を朝飲むとこうなるんでしょうね

それでも今回も以前だとアレルギー薬を飲んでいても普通にアレルギー反応が出て
水鼻が出たり呼吸困難になっていたのですが今回も症状は一切出ませんでした


4時を回って大須商店街に戻ります
暑いので喫茶店に入って涼をとり時間を潰そうと思ったのですが
結局考えることは皆同じです

空いているお店は無くて結局冷房の効いたビル内の自販機にて水分補給して終了です


17時を回りまだ夕食には早いのですが他に行く所も無く
お店が混むでいるともっと嫌なので
早めの夕食を頂きに初の気晴亭に向かいます

以前外国人が選ぶお店で紹介されたお店気晴亭
テレビで紹介されていたインスタ映えする「しゃちほこ丼」を食べる予定です

大須商店街から徒歩で向かいます
お店の前に到着したのが17時25分
気晴亭

店内に入るとやはりまだ時間が早いせいか人もまばらです
一人だったのに席が空いているので奥の4人席に案内されますが
ここでこの場所を確認します
「ここ禁煙席ですか?」

禁煙席はカウンター席のみになってしまうとの事ですが
我輩には願ったり叶ったりで禁煙席にしてもらいます
やはりここでも喫煙王国名古屋ですね
タバコを吸わない客が窮屈な思いをします
気晴亭 カウンター

メニューを頂きとりあえず確認
希望はしゃちほこ丼でしたがメニューを見ると
しゃちほこ丼とここの店オリジナルのミニまんざがセットになった商品があったので
このセット商品を注文します

注文後に店員さんが色々話してきます
流暢なテンポでちょっと早口で聞き取りがちょっと難解だけど
今回の注文した商品などを丁寧に説明してくれます

それとテレビで紹介された事が影響してか
今回どちらから来られたかもアンケートをとっていらっしゃるそうで
富山から来たことを伝えます

すると今日は大阪や京都からも来られていたそうで
遠くからの来店に感謝されました

しばらくしてミニまんざが配膳されます
しゅうまいと餃子の良いところどりの気晴亭オリジナル薄皮焼まんで
柔らかい皮ともちもちの触感でまんざの専用たれや
ケチャップやカレー風味の添え物で好みで美味しく頂きました
気晴亭 まんざ

ミニまんざをいただいている途中で
本命のしゃちほこ丼が届け得られます

ちょっとエビフライの先が切れてしまいましたがそれほど大きいのです
気晴亭 しゃちほこ丼

上部から撮った写真ですが
丼に多くの食材が乗っかっているので
その食材を頂く為にいろんな添え物が付いています
丼に影になっていますがエビフライ用にタルタルソースがあります
気晴亭 しゃちほこ丼

さて食うぞ〜!って箸を持っているのですが
配膳してきた先ほどの店員さんのしゃちほこ丼の説明が始まりました

すごく丁寧な説明できっと外国人にはすごく好評だと思いますが
日本人だとこの丁寧な説明=説明が長いに慣れていないので手惑いも感じてしまいます

我輩みたいに食べたいのに食べさせない長い説明にイラつく方もいる事でしょうが
それでも細かなこの気配りには感謝で素晴らしいの一言です

まぁこの店員さんも説明も店の名物の一つになっている模様です


さてボリュームありの味の濃い名古屋めし
しゃちほこ丼は更に揚げ物オンパレードですので
これはちょっと油が胃にきついかもしれないと思いましたけど
衣はサクサクで全く油が衣に残っていないし
もちろん豚肉も柔らかくてクセもなくめちゃ美味しい

結局心配していた胃も問題無く最後まで美味しくいただけました

食事中も多くの方が来店されていましたが
カウンター席は我輩のみでして
この雰囲気ならここにしばらく長居して一服させてもらおうと思っていると
遠路から来られたという事であげコマ団子がサービスで頂けました
気晴亭 あげごま団子

中にこしあんが入った食後のスイートという感じで
揚げたてアツアツで美味しかったです

そんな感じでゆっくり滞在してそろそろ出ようとしていると
追加でお茶を入れて頂いたのでそのお茶をゆっくり頂いてからお店を出ます

一応支払い時に感想を店員さんに伝えると
何かを取りに店の裏側に回られてしまい
また何かのサプライズが発生するのかと思えば
今回頂いた豚肉「和豚もちぶた」のパンフレットでした

どちらにしても美味しく頂けましたので
次回も他の商品を頂きにきたいと思います

お店を出てからローソンストア100へ

こちらで108円で150g入りというコストバリューの優れたお気に入りの柿の種を購入するつもりでしたが
最初に棚を見るとワサビなどの柿の種があるのにノーマルな柿の種が完売!

おいおいって感じで途方に暮れてふと棚の上に乱雑に商品が積まれた所を見ると
有るじゃないですか
ラッキー!

さらに安く売られているスーパーでも127円位で販売されているパンが
ここでは108円で購入できます
でもペットボトル500mlの飲み物はスーパーの方が88円で販売されていて安いかな

柿の種とパンを4種と108円の1Lスポートドリンクを購入しました


さてこれで車に戻ります
名古屋市の気温はアメダスでまだ32度もあります


車に戻るとオートの換気扇は回った状態で車中の温度は34度台
しばらくドアを解放にして車中の温度は徐々に下がり32度台に下がりますが
蚊も車中に侵入してきますので早々にドアをしめました

心配していた保冷剤も富山を出発した時はマイナス15度でしたが
23時間経過後の現在でもマイナス3度台を保っています

もちろんこれは通常の保冷剤付近にセットしたセンサーの温度で
ロゴス LOGOS [倍速凍結・氷点下パックXL]を
測定するとマイナス13度前後ありますので
少なくても通常の保冷剤は表面に霜がついた状態で全く問題無く使用できそうです
保冷剤 23時間後

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結 長時間保冷 氷点下パックXL
奥行25.5cm 幅19.5cm 高さ3.5 cm
by カエレバ

ここですぐに簡易クーラーを使用したいと思いましたが
あまりにも車内が熱い状態なのでとりあえず車内の温度が31度まで下がるまでは
扇風機の風を体に当てて我慢します

21時になり車内の温度が31度位になったので
ここでやっと簡易クーラーを使用します

前回はロゴス LOGOS[倍速凍結・氷点下パックXL]も
通常の保冷剤の上に乗っけて使用しましたが
今回は保冷バックに残して飲み物の保冷に使用しました

なので今回は通常の保冷剤10枚のみで使用しますが
使用開始直後には服出し口から23度台の冷風が出てきて
直接体に風がくるので体の発汗はすぐに止まりました

その後も車中を換気しながら簡易クーラーを使用しますが
まぁ快適に過ごしました

効果があった4時間から5時間の間は(笑)


15日

簡易クーラーを使用してうとうとして寝ていたのですが
1時を回ったあたりに寝苦しくなって目が覚めます

保冷剤の効果が無くなっていました
やはりこの簡易クーラーの冷却効果は4時間位と思って良いみたいです

やはり延命にポーターブル電源が欲しいですね

朝までこのまま我慢してここに居てモーニングを頂いてから帰路につくか
これから道の駅美濃白川に移動して睡眠して帰るか悩みましたが
結局2時になり朝まで我慢する意味も無いので道の駅美濃白川に移動することにします

2時30分
名古屋の駐車場を出ます

この時間だと栄の繁華街付近以外の道も空いていて
国道41号線も順調に進み4時に道の駅美濃白川に到着です

移動中に効果が無くなった保冷剤の入った簡易クーラーを
試しに車載用冷蔵冷凍庫を-20度設定で使用して保冷剤を冷却してました
1時間半の冷却ですがそれでも若干の冷却効果がありその状態で寝ますが
周りはすでに若干明るくなってきた状態でした

駐車場の付近にツバメの巣がありそのツバメの鳴き声が気になります
そういえば前回も鳥のフンがここでついていたっけ

7時50分
車中でパンを頂いて簡単に朝食を済ませて道の駅美濃白川を出発します

下呂で帰りに立ち寄る予定だったローソンにて
最後の今月までが使用期限の無料クーポンでアイスコーヒーを頂きます

10時
道の駅 アルプ飛騨古川でトイレ休憩

帰りも県道75号線を利用しましたがここで速度取り締まりに遭遇
この県道カーナビだと意外と案内されるのでしょうか?
意外と県外ナンバーの量が多いです
吾輩もだけど

40キロの速度制限の所をドライブレコーダーのGPSで53キロの速度表示でした
県道75号線 速度取り締まり

名古屋からの帰り道に
2回連続で速度取り締まりに遭遇です

今回の名古屋へは特に速度に注意して走行しましたが
偶然なのか速度注意に気が抜けた時に遭遇します

帰路は特に睡眠不足もあるのか頻繁に睡魔も襲って来ましたし
更に速度と安全運転に注意しないといけませんね

12時
すき家で昼食です
昨日のうなぎがちょっと物足りなかったのでウナ牛890円頂きます
うなぎが予想以上に柔らかくて美味しかった

個人的には特盛(うなぎ2枚ごはん大盛)では無くご飯普通盛りでうなぎ2枚を頂きたかったです
ウナ牛

12時40分
家に到着です
車中の荷物をかたずけてからシャワーで汗を流して
ちょっと落ち着いてから親の食材の買い出しに出かけます

そのついでに給油しました

551km/28.8L 19.13km/L

バッテリーを交換した効果か解らないが燃費が
エアコンを使用して19.13km/Lは良い値だと思う
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する