猫の手紙

このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです。過度の期待はしないでください

Top Page › 自動車・車中泊 › >自動車 › フィットの窓枠に不織布テープを貼る

2018-03-04 (Sun) 18:41

フィットの窓枠に不織布テープを貼る

今のフィットは知らないがGE6の内装はお粗末で、正直車検の時に代車で乗った軽四よりも高級感が無く内装の質感は劣る

特にフィットの窓枠は、金属部がむき出し状態で非常に安っぽい(実際に代車の軽より安いのだが💦)
代車で乗った軽四でも窓枠はむき出しになっていなかったのにね

金属むき出し状態のフィットの窓枠

ドアを開けた状態で撮影した運転席側
フィット窓枠

ドアを閉めた状態で撮影した助手席側
フィット窓枠


そこで先日購入したエーモンの不織布テープを使用して、この窓枠の金属むき出し部分を隠す事にします

この部分は冬季に車中泊すると窓枠が結露してしまうので結露防止が主な目的です
エーモン ハーネス結束&保護テープ 約19mm×10m エーモン ハーネス結束&保護テープ 約19mm×10m 裏


ちょうど気温も10度以上になり粘着力が出てくる気温10度以下だと粘着力を増すために接着面をドライヤーなどで温める事をメーカーもオススメしています

テープを貼る部分をアルコールで拭き取り油分を取り除いてから不織布テープを貼ります

気温が低いせいかやはり若干粘着力が弱く感じますが基本触れない部分なので大丈夫かな
あとでドライヤーで温めて置けば完璧か

そんな感じでとりあえず午前中運転席側のみ貼って見ました

車内から撮影したドアを閉めた状態
フィットドア枠 不織布テープ施工済

車外からの撮影
フィットドア枠 不織布テープ施工済

こんな感じでいい感じで自己満足です

欠点は窓枠と車体側のゴムラバーが接する部分に不織布テープを貼りましたので、雨の時に雨漏りをする可能性があります

ただ吾輩の車は小雨の時は大丈夫ですが大雨になるとこれまでも雨漏りしてましたし、もし我慢できそうもない雨漏りならば窓枠と車体側のゴムラバーが接する部分の不織布テープをビニールテープで覆うって見ます

午後は用事を済ませてから外がまだ暖かければ窓ガラスが動かなくて死んでいる助手席側のパワーウインドウのレギュレータモーターを外して確認してから不織布テープを貼っておきますか

パワーウインドウのレギュレータモーターを確認して完全に死んでいたらオークションで交換部品を購入しないといけないですし



フィットに不織布テープを貼ろうと考えた時に
ダイソーでもガーゼや包帯の固定に使用する不織布テープを探したのですが
黒が無くて結局エーモンの不織布テープを購入しました

所が別のサポーター等のコーナーにテーピングテープがありました
ダイソー テーピングテープ

これは不織布テープでは無いのですが
幅2.5cmで長さが1.5mとエーモンの不織布テープ10mより
非常に短いですが100円ですし肌に直接貼り付ける用途でも使用しますので
粘着力はエーモンの不織布テープよりは強いと思います

まぁ通常のテーピングテープならもっと長いものもあるのですが
黒が無いのですよね

まぁ報告までです
関連記事

最終更新日 : 2020-08-23

Comments

  

業者の方の営利目的の書き込みはご遠慮ください。今後削除させて頂きます