FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2018年02月25日 (日) 12:07 | 自動車 | 編集 |
先日の車中泊中に運転席の前後にスライドさせる機能が働かなくなりました

一番前までスライドさせた状態でロックしてしまっていて
このままでは足が入らず車を動かす事も出来ません

格闘する事20分くらい
なんどもレバーを引いてシートを動かそうとしていると
後ろに少しだけスライドできた
更に後ろに動かそうとしましたがここまで
まだ足元が窮屈でしたが何とか運転はできるレベルなので
ここで諦めて出先から無事に帰って来る事ができました

片側のレールだけがビクともしないので
運転席を前にスライドした時に
何かがレールに挟まってしまったんだと思うのですが
確認できず直せる物ならとまずはシートを外す事にしました

以前助手席を前にスライドさせても20センチ弱の隙間が出来るので
一度シートを取り外してスライド量を増やして
この隙間を無くす事が出来ないかと確認した事がありますが
シートのレール部は全てがリベットで固定されていて
分解は全く出来ませんでしたし加工も無理でした

なので何かが挟まって動かなくなっているだけなら
詰まっている物を取り除けば動く様になるはずですが
それ以外ならこの状態のまま使用続けるか
シートを交換するしかないと思います

まず運転席を固定しているボルトを外す為にボルトを目隠ししている
プラスチック製のカバーを取り外します

シートがスライド出来ないのと
がっつりとレールにはまっていて
カバーを取り外すだけに意外と手間取りました

助手席側のカバーを取り外した時は
カバーを破損させてしまいましたが
今回は破損せず何とかカバーを取り外せました

その後こちらもがっつり締め付けられたボルトを外しました

ボルトを取り外した状態
運転席のシートのウレタンが劣化してフロアーにウレタンの粉が落ちて来ます
運転席シート取り外し

その後シート下にあるシートベルトをしているかを
認識する配線を取り外してシートを取り出しました
IMG_20180225_092822.jpg

そして車外に出してシートのレールを確認すると
原因が解りました

レール内で使用済みのガムを包んだ紙のゴミが挟まって居ました

相当前にレールに落ちて居たのは確認して居たのですが
その時はどうやっても取り出す事が出来ずにそのまま放置してしまい
時間が経過してガムの包み紙が落ちていた事も見るまで忘れて居ました

使用済みのガムを包んだ包み紙を取り出しました
完全に硬化していました
シートスライドの原因

原因が解かりこれで取り出せば直ると思ったのですが
取り出しても全く動きません

再度動作の確認をしてみても
シートを前後しない様にロックしている爪がレバーをあげても全く動かず
取り除く前と全く変化無し

どうやらガムを挟んだ状態でレバーを無理に上げていたので
テコの原理で動作部が曲がっている様です

解りにくいのですが正常に動く側の写真です
シート下のスライドさせるレバーと
シートの前後をロックしている爪部をつないでいるのが中央の盛り上がっている溶接された部分です

ここが挟まったガムが支点になり運悪く強度の弱い溶接部分がテコの原理で曲がってしまった様です
その為にレバー操作しても爪が上がらない状態になってしまいロックしたままになっています
スライド機能

ここはもう力任せで曲がった溶接部分を元に曲げ戻すしかなく
溶接部が折れないか恐る恐る曲げ戻してやっとスライド機能が元に戻りました

溶接部が曲がり強度が非常に弱くなっていると思うので金属疲労でいつか折れるかもです
折れたらもうシート交換か車の買い替えですね

まぁこのシートのスライド部は高級車でもあまり作りは変わらないと思いますが
しかしフィットは良い車だけど内装の作りがやはり安っぽくて雑ですよね

今回の車検で代車で乗った軽のムーブ方が内装の装備も作りも丁寧で
フィットだと窓枠の金属部分がむき出しになっていますが
ムーブは同じ金属部分もちゃんとカバーされて全く見えないのです
この部分は車中泊で冬場結露するので後日対策をします

話を戻して
まぁこれでしばらく延命できたので良しとします

あとは取り外した逆の順番で戻すだけですが
ボルトを隠すプラスチックカバーをはめ戻すけど
うまく爪がはまらず結局しっくりこないまま放置しました

そうそう今回のシート取り外しで
シートの下に製造年月日と思われるシールが貼られていました
シート製造年月日
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する