このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2018年01月19日 (金) 21:53 | 車中泊 | 編集 |
一酸化炭素センサーが届いたので早速車中で
ミセスヒート イヴ KH-013を使用しての燃焼テストと
一酸化炭素センサーの動作テストです

フィットで窓を締めた密室状態で燃焼スタート
この時の車中の温度は11度でした

ミセスヒート イヴ KH-013はエコモードで使用し
火力を絞っています
ミセスヒート イヴ KH-013車中燃焼テスト

20分燃焼して車中の床に置いている温度計は17度になりました
ミセスヒート イヴ KH-013車中燃焼テスト

ただ車中の上部はさらに暖かく
ミセスヒート イヴ KH-013の置いた真上の天井の温度は40度前後でした

一酸化炭素センサーの方は20分間燃焼しても
アラームがなる状態にもLCDに30ppm以上になると濃度表示されるのですが
どちらの反応も無し

しびれを切らして仕方が無いので
ミセスヒート イヴ KH-013の上部にセンサーを持っていき
意図的に一酸化炭素にさらして見ます

その後ボタンを長押しするとアラームメモリ機能で
赤色LEDが1回点滅しピークアラームレベルがLCDに表示されます
するとLCDに90ppmの表示が出ました
90ppm

一応一酸化炭素の測定はしている様ですが
意図的にしても少しの時間さらしただけなのに
90ppmの一酸化炭素を測定した事に驚きです

追記:後で取説を読み返すとCOセンサーが
プロパンやブタンガス、アルコール、塗料等々で誤った読み取りをするそうだ


ブタンガスの使用なのでこの90ppmの表示は誤っている可能性があります

心配だったアレルギー反応は車中では出なかったですが
やはり息苦しい感じがしましたしやっぱりガス臭もしますね
ガス自体が有臭仕様でその匂いみたいで換気はやはり必要ですね(笑)

車から出て部屋に戻ってもしばらく息苦しかったので
アレルギーが出ている感もありです

やはり少し窓を開けて
扇風機で暖気を撹拌して必要最低限で車中を暖めてすぐに消さないといけないですかね

最後にカセットコンロを買った方が安くて物を温めれるし普通に良かったんじゃ無い?って思ったりして(笑)


取説のメモ
(スマホで文章を読み取り翻訳ソフトにかけたものを編集しました)

一酸化炭素センサー

85デシベルアラーム。
恒久的な一酸化炭素センサー。
3 x 1.5V単三電池で駆動。
- 電池に接続して3分後に検出器が作業環境に入る。
(注意してください:この気分にない検出器の場合、COガステストの応答はありません。)

アラーム音のパターンは、4回の短いアラーム音です。
赤色のLEDはアラームモード中に点滅します。(30秒に1回赤いLEDが点滅する)
または装置が誤動作している(赤いLEDが消灯している)ことを示します。

- アラームメモリ機能:赤色LEDが1秒間に1回点滅し、ピークアラームレベルがLCDに表示されます。
- テスト/リセットボタンを使用してユニットの電子機器をテストし、適切なユニットの動作を確認し、COアラーム中にユニットをリセットします。
正常を示す赤色LEDライト

操作およびアラームの状態。
- 3桁LCDディスプレーヤーはオプションです。
LCDに「Lb」と表示され、電池が少なくて交換が必要であることを示します。
'999ppm。'と表示され、999ppm以上のCO値を示します。
CO漏れ量が999ppm未満で30ppmを超えると、実際の濃度が表示されます。
ユニットは「チャープ」と鳴り、赤色のLEDが一度点滅すると電源が入ります。

省電力機能:アラーム音のパターンは、最初の4分間は5秒ごとに4回のビープ音です。
4分後、毎分4回のビープ音に変わり、バッテリーを節約します。

取扱説明書
テスト機能
テストボタンを数秒間押して、ユニットの電子機器をテストします。 アラームが鳴ります。

リセット機能
アラームが鳴っている場合は、ボタンを押すと数分間アラームが止まります。

アラームメモリ機能
ボタンを数秒間押します。ボタンをもう一度押すと、通常の状態に戻ります。または、自動的に1分間で通常の状態に戻ります。

クリーニング後に直ちに再度取り付け、テスト/リセットボタンを使用してテストしてください!

・洗剤などの溶剤を使用しないでください。
・エアーフレッシュナー、ヘアスプレーなどのスプレーを避けてください。
COアラームの近くのエアロゾル。

ユニットを塗装しないでください。
ペイントは通気孔を密閉し、センサのCO検出能力に干渉します。ユニットの分解や内部の清掃は絶対に行わないでください。
これにより、保証が無効になります。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する