このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2017年09月23日 (土) 20:10 | 車中泊 | 編集 |
以前購入した常時電源ユニット バッテリー保護回路付き OBD充電変換 microUSB
使用で最大5V/2Aの電流に対応しているはずなのですが
スマホ接続しても充電電流が1Aに届かずにいました

前回はOBD接続のピン幅にも問題が在り
完全に挿し込めない問題も在ったので
OBD接続を諦めて常時電源のコードから電源を取る事にしました

それでもスマホへの常時電源からの充電は低速モードでしたが
走行中はシガーソケットに挿した2ポートUSB充電器を使用することで
2.4Aまで対応しているのでこれまでこれで我慢していました

しかしこれでは走行中にしか急速充電できず
停車中の常時電源ユニット使用では
換気扇と2分岐した結線状態でスマホを充電すると
異常に充電時間が長く
先日は充電しながら動画再生していると
バッテリー容量が充電しているのに減っていくという状態になりました

そこでこれまで放置していましたが
再度確認し改善してみる事にしました

スマホ充電ではなんと!
0.3Aしか流れていませんでした
OBD 2分岐 スマホ充電

こりゃ〜ダメだわと
一応確認で1Aと2Aの負荷をかけて電流測定してみると

1Aの負荷で0.7A
OBD 2分岐 1A負荷

2Aの負荷では1.1Aで電圧は3.5Vまで落ちています
OBD 2分岐 2A負荷

2分岐をしないで再度負荷をかけてみると
1A負荷では0.8A
OBD 1A負荷

2A負荷で1.4Aと負荷が多くなる程電流が流れない状態
OBD 2A負荷


やはりこれは2分岐しているケーブル線径が細いのが原因と思われ
負荷が大きいほど電流が流れなくなるのだと思われ
この状態で使用していると発熱し断線、最悪の場合車両火災になるかもと言う事で
2分岐コードの使用は辞めて
常時電源ユニットの基盤から2分岐する形に変更することにしました

常時電源ユニットを車から取り外し
中の基盤を取り出して
MiniUSBコネクタのコードは残し換気扇接続の専用にしました

そして新たに基盤上のMiniUSBコードの5V出力部にハンダ付けをして
USB-Aメスのコードを繋ぎ2分岐にして再度電流の確認

12V 2AのAC-DC電源ユニットに接続しなおして確認

2Aの負荷をかけて1.7A流れるようになりました
OBD 再改造後 2A負荷

1Aの負荷をかけながらスマホ充電してみると合計で2A流れました
常時電源ユニット 2A

これで電流問題は解決です

車に取り付けて再度車バッテリーからの
常時電源ユニットの電流値を確認しましたが
問題は無かったです

1A負荷で0.8A
常時電源ユニット 結線改 1A負荷

2A負荷で1.6A
常時電源ユニット 結線改 2A負荷


3.5V 1.1Aから5V 1.6Aに改善となりました
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する