このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2017年08月16日 (水) 23:59 | 日記 | 編集 |
お盆を利用して16日に田代島へ行きました

その時のメモ的なカキコです

まずは石巻市の網地島ラインから連絡船を利用して田代島の仁斗田港まで向かいます
田代島には他に大泊港がありますが現在港の改修工事中で連絡船は寄港しません

船は9時出航なのでそれに合わせて駐車場に向かい
網地島ラインの第二駐車場に車を停めて待合室へ
第二駐車場

第二駐車場
網地島ライン

網地島ラインホームページのアクセス案内には
第二駐車場と待合室の横に小さな駐車スペースの案内がありましたが
その後変更されていて記載されていない
第一駐車場と第三駐車場が存在していました

待合室から駐車場までの距離は
その駐車場の順番通り
第一→第二→第三と言った感じで遠くなりますので

一番のおすすめはやはり
連絡船乗り場前の沿岸沿いに在る第一駐車場で
以下の写真は乗船後に撮影しました
網地島ライン 第一駐車場

この奥に見えるのが第二駐車場です
網地島ライン 第一駐車場

話を戻してアクセスのページには
営業時間は8時からになっていましたので
8時過ぎに待合室へ行きましたが
待合室の外壁に貼られた案内には
7時半から乗船券を販売しているとありました
時刻表

想像するに待合室には2台の発券機があり
待合室だけ7時半に開放されていて
窓口の職員対応が8時からということでしょうか?
待合室

発券機は四カ国語対応
網地島ライン 販売機

購入した石巻から仁斗田港までの往復チケット
購入日を含めて7日間有効です
チケット

仁斗田港発の石巻に8時29分着のブルーライナーが接岸され
乗船客が全て降りた後の大体30分前から入れ替えで乗船が可能になります
網地島ライン ブルーライナー

船内には飲み物の自販機やトイレも2つ設置されています
大体43分の船旅ですから申し分ないですが
今回行きも帰りも景色を眺められる開放的なオープンデッキを利用しましたが
オープンデッキは喫煙可なのです

タバコの吸わない吾輩は乗船中の喫煙を我慢できないものかと考えてしまいます
今回も観光で外国の方が多く乗船され景色が眺められるオープンデッキで
写真やビデオ撮影されていました
天気や良ければ更に観光客の多くの方は
上部のオープンデッキを選ぶと思います

でもそこのオープンデッキには前と後に灰皿が設置されていて
受動喫煙を受けることになります

前部で喫煙される方々
網地島ライン ブルーライナー

後部にも両側に計2つの灰皿が設置されています
網地島ライン ブルーライナー

仁斗田港に到着です
仁斗田港

仁斗田港の待合室前にも
猫小屋が設置されていて猫が寝ていました
仁斗田港待合室

さてこれから島を回ろうと
石巻の待合室で配布されている
田代島の猫ガイドマップを取り出そうとしたら
あれ?無い紛失していました

途方に暮れて
先に歩く方に付いて行く事に

仁斗田港でもポツポツにゃんこが居ました
仁斗田港 猫


仁斗田港から集落地に向う途中でも
道の真ん中にぽつんと猫が!
開発総合センターから集落に繋がる道の猫


この時点でグーグルマップの使用を思いつきました

とりあえずこれで猫の出没ポイントは解りませんが
現在地が解るので目的地も選べます

マップを見るといきなり効率の悪い回り方をしていることに気づきました
仁斗田港から集落へ向う道と大泊方面へ行くに分かれます

地図を無くしていなければ吾輩の回る順路はこんな感じになります

仁斗田港→大泊港方面へ→十字路(大泊港へ向かっても良しすぐに猫神社に向かっても良し)→
猫神社→島の駅→マンガアイランド→仁斗田港集落地域→仁斗田港

このコースなら大泊に行くと戻る時間が無駄になりますが
すぐに猫神社に行くとそのままマンガアイランドに行ってそこから戻る時間だけ無駄になります

ところが吾輩は釣られて集落方向に入ってしまいましたので
ここからだと島を回るのに非常に効率が悪いのです
ここからまず島の駅と猫神社へ行くことに

途中マンガアイランドと島の駅、猫神社への分かれ道があり
そこにもにゃんこが
ネコ神社とマンガアイランドのへの分岐地の猫

まずはそのまま直進し島の駅、猫神社へ向かいます
この向かう途中にも猫をちらほら現れます
以前流行ったポケモンゴーみたいな感じで道に猫が現れます

途中旧田代小学校の校門が在りました
田代小学校

その後島の駅 にゃんこ共和国に到着です
ここは先の旧田代小学校の敷地に在るのでしょうか?
撮影した写真には石の門が写っていますね
これが読めたら疑問は解決する感じなんですが確認しても読めなかったです

その後ネットで調べたら田代島の小中学校の跡地(旧自然教育センター)と解りました

近くにはヘリポートも在り店内に入ってみます
ここで先に紛失した田代島ガイドを再度手に入れます
田代島ガイド


猫グッズや飲食物の販売をしていて持ち込みで食事もできるし
公衆トイレも在りますしもちろんここにも猫がいます
島の駅 にゃんこ共和国

簡単に見学してから猫神社へ向かいます
猫神社にも猫が二匹ほどくつろいでいました
猫神社

そして猫神社を見学した後に
先に書いた十字路に来てしまう
十字路

右に行けば仁斗田港に戻り
真っすぐ行けば大泊
左に行けば二鬼城灯台や田代島の西南部を回ってマンガアイランドにつながっている感じです

ここで選択を誤りました
吾輩は「どうせマンガアイランドへ戻るのなら
同じ道を歩かないで
散策がてらに島の西南部も歩いてみよう」と

簡潔に言います
この道は猫も居ないし何も無い!
途中で何か事故が起きてもだれも通りません
この先が不安な道



島の人もまったく使用していないと思われる
防風林などを管理する道があるだけで
生活道路ではありません
途中で車が最近走った痕跡が無い状態で落ち葉が道に広がっていました
最近車の走った形跡がない道

この先に大六天神社が在るのですが道が無くなっています
この先に大六天神社が在るのですが道がなくなっています


こんな感じで不安だらけですが
ここまで来たのだからと戻る気になれず
いつか行き止まりになったらどうしようという不安を
常に感じながら先に進みますが
この先が大六天神社みたいに道が無くなり
本当にマンガアイランドにつながっているのかも解りません

ところがマンガアイランド側からも吾輩と同じ考えで
この道を歩いてみようと思い入ってきていた人と出会います
その方もは入ったもののこの先が不安で悩んでいる最中だったらしく
この先のことを聞かれました

吾輩は「この先に何も無く行くことは勧めませんよ」と伝え
その方と一緒にマンガアイランドまで行きました
つながっていることも解りホッとして
その方に愚痴っちゃいましたm(_ _)m
マンガアイランド

約50分間猫にも遭遇せず黙々とただ歩きという最大の選択ミスでした

時間は11時半で歩き疲れたしマンガアイランドの
広場にあるチェアーに座っての食事です
 マンガアイランド

座ると遠くにいる猫がこちらを観察しています
リックから前日購入していたパン取り出そうとしていると
その猫はもうこちらに歩いてきました
そして食事中にはテーブルの上に
マンガアイランド

パンが欲しいみたいです
ここで田代島では猫へのえさやりで2つの情報が流れています

一つは猫に餌を与えないでください
もう一つは道路では猫に餌を与えないでください

道路で餌を与えてはいけないのは
道路への危険性を感じなくなり事故にあいやすくなるそうで
逆に道路以外では猫への餌やりはOKになります

どちらが正解なんでしょう
確かに観光客の猫の餌やり後に
島の方が餌を与えても食べなくなる可能性が出てきます

観光客がその場限りでうまい物を与えてしまうと
その味を覚えてしまいこれまで食べていたものを食べなくなったり
餌を与えても観光客からの餌で満腹状態で用意した餌が無駄になってしまうなどと
色々考えられます

でも実際には猫は空腹で餌を求めて寄ってきます
道で出会った猫も充分に餌が与えられている状態でないような痩せた猫が何匹も居ました

なので吾輩は近寄ってきた猫にだけに少しだけパンを与えてきました

マンガアイランドからの景色
いつ雨が降ってもおかしくない天気でした
マンガアイランド

猫が更にパンを求めて来るので食事の途中でしたが
リックにパンを残して移動しました

大泊以外は一通り回りました
集落に戻り集落部の裏道などを散策しました

ポンプ小屋付近でクロネコ堂のというお店の案内看板を見て
そちらにも立ち寄りました
クロネコ堂

店内は食事もできてオリジナルのお土産も置いてありましたので
ここで自分用にTシャツをそしてお土産で缶バッジを購入してきました

ここのねこねこしていない控えめのデザインが気に入りました
田代島Tシャツ

後ろにもさり気なくプリントされてました
田代島Tシャツ

上の2枚のスマホ写真
なぜか中央部のみシャツの色がおかしくなっています
どういう色補正をしているのやらそれとも壊れ初めた?

うっかりお店の写真は撮り忘れました

お店を出て海岸に座るとまた猫や寄ってきます

本当に人懐こい猫ばっかりですが
近寄ってくる猫は大体が餌が欲しいようですが
ここでは餌は与えません
ごめんね〜

でも座っている時に通り過ぎた観光客が
道にキャットフードを置いていき
それを頂いていました

この時点で田代島を大泊以外は回りました
同時にポツポツと雨も降ってきました

時間は12時を回った所で
行く場所も無くなり
とりあえず仁斗田港に併設されている
公衆トイレがある芝生広場に移動して
ベンチに座って残ったパンを頂いていました
仁斗田港芝生広場公衆トイレ

もちろんここにもにゃんこは沢山にて
にゃんこに気づかれないように
リックの中からパンをちぎっては食べていたのですが
気づいたにゃんこ達が近寄ってきます

もう君たちは

猫達にたまにパンを与えながら
これからのことを考えます
時間は12時20分位で
予定より一便早めた帰りの便だと12時52分発です

正直50分無駄に歩いた事で疲れてしまいましたし
猫に会えた満足感も在ります

結果早めて帰ることにしました

実は帰るのを早めることにすると
今後の予定で色々と都合が良いのです

12時52分の船に乗り戻りました
田代島 かもめ

帰る頃にはまた雨が降っていましたが
事前に調べていた時に
船上でかもめにかっぱえびせんを与えたら面白いという記事を読んでいて
リックに残ったパンをかもめに与えてみることにしました

出航した時はかもめの気配は無かったのですが
しばらく待っているとかもめが寄ってきました

最初はパンを投げて与えてましたが更に近づいてきたので
パンを持って腕を伸ばした状態で待っていると
ちゃんとパンを取っていきました

そんな感じで結局手持ちのパンを全て与えてしまいました
正直もっとパンが欲しかったくらいで
かもめへの餌やりは楽しかったし
帰りの船上での良い時間つぶしになりました

パンが無くなってもしばらく経っても
まだ船の後を追いかけてくるかもめにはちょっと申し訳ない気持ちでした
田代島 かもめ

13時42分の定刻通りに
網地島ライン 石巻発着場に到着です
これで今回の田代島の旅は終了です
網地島ライン

天気が良ければ更に多くのにゃんこに巡り会えたのかな
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する