FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2017年08月01日 (火) 22:32 | 車中泊 | 編集 |
先日冷風機に改造していた除湿機ですが
その後、名古屋から帰ってくると
バングッドで注文していたペルチェ素子が届いていました


早速二枚重ねにして並列結線で効果を確認です
写真は2枚重ねた状態です
ペルチェ素子

バングッドで注文していた
レーザーデジタル赤外線温度計も届いていたので
早速使用して表面温度を確認しました

まず1枚でのペルチェ素子表面の最低温度は大体7℃でした
これが2枚重ねだと大体1℃前後になりいい感じです

ただ正直な所もっと下がって
氷点下になったら良いと思っていたので残念でも在りました
 追記:後日ペルチェ素子の重ね順を逆にしてみると
 −3度台まで下がりました


追加したファンとペルチェ素子で
消費電流は2.4-2.5Aになり
手持ちのモバイルバッテリーで2.1A出力の物は
発熱が原因か?安全装置が働き給電が止まりました

ファンを別ラインにしてACアダプターに繋いで再開

1枚の時は20℃前後だった冷却板は17度台で3度下がりましたが
測定条件が同じでは無いので一応目安です💦
USBポータブル除湿機+2枚

デジタル赤外線温度計では冷却板は一番低い値で14度前後です
追記:後日気温20度前後時で8度前後ピーク時では3度台でした

ファンの排気温度は26度台で1枚の時と変化無し

電流が2A超では
放熱板の温度が以前より3度程下がったので
これは冷風機よりも排気ファンを外して
本来の除湿機として使用した方が除湿性能が上がり
電流も丁度2〜2.1Aの範囲に抑えられて
これなら普通にモバイルバッテリーや
ACアダプターの使用で対応できるので
この冷風機への改造は終了して元の除湿機として使用します

除湿器 コンパクト除湿機 梅雨の季節に ミニ除湿器 ポータブル除湿機
by カエレバ



2018.10.21追記

除湿機としての性能
消費電力 5V 2A 10W

室温20度前後で湿度60%前後での使用で
冷却板の表面温度はピーク時で3度台まで冷えその後8度前後で安定しました

排気口温は23度台で排気口湿度は47〜50%
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する