このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2017年07月23日 (日) 22:39 | 車中泊 | 編集 |
以前車中泊用に簡易クーラーを作って
名古屋で実際に使用していましたが
暑さに耐え切れず逃げてきました

簡易クーラーの構造に問題在りと感じたのですが
これまで半分諦めていた夏場の車中泊ですが(東北には行きましたけど💦)
特に今年のお盆休みは連休で遠出をしたい気分なのです

そこでふと以前購入したUSBポータブル除湿機を思い出しました
これペルチェ素子を使用していて車用の冷蔵庫にも使用されています

USBポータブル除湿機 USBDEH6K
USBDEH6K
USBDEH6K


除湿機は冷えた板で結露を作って除湿しているので
この冷やした板に空気を当てればエアコンみたいに冷風が出てきます

エアコンとの違いは空気の流れ

除湿機は冷えた放熱板で湿度と熱を取り
その冷えた空気で冷やした反対側の熱を持った放熱版の熱を奪い室内に戻します

しかしこのまま使用すると動作熱等で室温が上がってしまうので
車中では熱くなってしまい使用できません

なので簡単に考えれば排気熱を車外に排出して
冷えた放熱板側に新たにファンで風を当てて車内で循環させれば
車内は冷えるはず

問題なのは簡易クーラーでも起きましたが
冷却能力が弱ければ車内にいる吾輩の体温で車内室温は上がってしまいます

購入したUSBポータブル除湿機の消費電力も5V、1Aの5Wなので
正直冷却能力も悪いです

まぁあくまでもポータブル機
除湿能力も正直能力不足で
追加で除湿機を購入してしまったのですがね

話を戻して
中を開いて見ると背面に在るファンが回り
放熱板の熱を室内に排出しながら
正面側の冷えた放熱板に吸気された空気が触れて結露が生じて除湿しています

この時は5V 1.1A 5.5W 放熱板は18度
USBDEH6K

まず背面のファンの部分に吸気穴を開けて
ファンの回りにエアクッションを詰めて
前面側の空気を吸気しないようにして確認

放熱板は17度ですが測定方法が違うのであくまでも目安です
排気温は29度台で室温は28度台だったと思います
USBDEH6K

この状態で簡易クーラーでも使用したファンを当てて見ると
結露の発生が少なくなり考えは間違って無さそう

後は冷却能力アップと効率よく冷気を排出するファンを追加しないと行けないので
ペルチェ素子とファンの購入です

まずペルチェ素子を2枚重ねて使用して
冷却能力を上げます

単純に考えるとこれで消費電力が倍の10Wになります

ファンの消費電力が0.3Aだったので
ペルチェ素子の消費電力は大体5Vで0.7Aとなり
サイズは40×40mmでした
でもネットで探すがこのポータブル除湿機で使用されているペルチェ素子が見つからない

しかしバングッドで見つけました
40x40MM Thermoelectric Power Generator Peltier Module TEG High Temperature 150 Degree


しかも日本で送料別で700円以上するペルチェ素子が
送料込379円で購入できます

お遊びでやっているので
保険無しで基本届くまでに2週間前後掛かる通常便でポチッとオーダーしました

更にお遊びで放熱板の表面温度を測定するのに
レーザーデジタル赤外線温度計も1,241円で注文しました
こちらも日本で買うより安いので💦

GS320 Laser Digital LCD IR Infrared Thermometer Auto Temperature Meter Gun Non-Contact Sensor -50°C~360°C/-58°F~680°F


そして排気熱を車外に出す為に
コメリへホースを探しに行きました

流し用と洗濯機用の排水ホースが在りました
ホース内径は同じで見た目はカラーも緑で半透明の洗濯機用でしたが
対応サイズが洗濯機の様に広く無く販売されている長さも1mと2mでしたので
その結果「流し排水栓ホース」を購入してきました


ただ紹介したリンク先の商品とJANコードは同じなのに
点灯で購入してきた商品と違います

紹介先の商品は両口同じ径の差し込みタイプですが
購入してきた商品は排水口のサイズに合わせて
30〜46mmまで対応しているタイプです
コメリ 流し排水栓ホース
コメリ 流し排水栓ホース
コメリ 流し排水栓ホース

後はまずはネット通販で注文したファンが今週中に(早ければ火曜日)届くので
取り付けてみて効果確認ですね

追記:
低予算でコメリでホースを調達してきましたが
購入後良く考えると
ファンヒーターから出る温風をこたつに引き込む
省エネダクトがお勧めです

直径100mmなのでこれを12cmのファンと繋いで排気したらいい感じになると思います
SH-1000とSH-800 が在りますが伸ばせる長さが
SH-1000が1m-4mでSH-800が80cm-3.2mです

ただアイリスオーヤマ製は
ジャバラ表面にポリアミド(植毛加工)してあり
スタンドがポリアミド樹脂で
用途を考えるとバクマ工業製が良さそうです

ただこのダクトはアルミ製であまり伸ばしすぎると
簡単なことで凹んでしまいますので
強度を保つ意味でも蛇腹構造を少しでも多く残せる長い方を選んだほうが良さそうです


続編:USBポータブル除湿機を冷風機に改造する
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する