このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2017年07月12日 (水) 21:00 | 車中泊 | 編集 |
今年のお盆休みに何処かに行きたいと思っているこの頃
YouTubeでふと目についた
夏の車中泊で暑さ対策に
発泡スチロールとファンを使用して車中を冷やす方法が紹介されていました

”車中泊 クーラー”で検索するとたくさん出てきます

なるほどね〜
要は発泡スチロールの保冷箱に氷や保冷剤を入れて
そこにファン等で風を当てて冷風を循環させるだけでこれは簡単です

これだとコンビニで板アイス等を購入したり
スーパーで保冷用のサービス用の氷を使用すれば連泊にも使用できますし
早速作ってみることにしました

思い立って家に在る物でと考え探してみると
発泡スチロール箱はいい感じのサイズのものが見つかりました
発泡スチロール箱とUSBファン

ファンは以前1個100円で10個で送料無料で購入したUSBミニファンが
たくさん余っているのでそれを使うことにしました

ちょっとコンパクトですが
内側のサイズを測ってみると縦15cm×横24cm×深さ15cmで
内容量は大体5.4L

コンビニで売られているスタンダードのプレートアイス1.7kg物は
255mm×120mm×65mmで入らない!

残念だけどここはクラッシュアイスを購入することにします

そうそうコンビニのロックアイスでコストパフォーマンスが良いのは
ローソン100で1.3kg 108円(税込)です
 氷(ロックアイス)が一番安い店は?コンビニ・スーパーの価格を徹底比較!

連泊ならこれを最大3つ保冷箱に入れて使用できますね


そこで今度は保冷剤も探してみると
アイリスオーヤマの保冷剤がコストパフォーマンスも良いそうだ
 アウトドアで使うならコレ!冷却時間が持続する保冷剤おすすめ10選

調べるとアイリスのCKB-500が幅約15cm×奥行き約18cm×高さ約2.8cmと
偶然この発泡スチロール箱にいい感じに収まるみたいで
5枚をぎっしりと詰め込める感じです

ネットで一番安く手に入る所と
地元のコメリとカーマでの店頭販売価格も気になり
とりあえずネット販売価格で参考にする

その結果ヨドバシ・ドット・コムが送料込みで198円だったので
5点で990円となりポッチッと注文しました

今回の出費はこの990円のみでした


深夜の注文でその日の夕方に発送され
翌日の午前中には届いていました

夕方に届いた商品を確認
アイリスオーヤマのCKB-500

中にもいい感じで収まりました
アイリスオーヤマのCKB-500

商品には-20度で10時間程度で凍結するので
今回は16時間程冷凍庫に入れて保冷の確認をしました

ところが取り出した時に想定外のことが起きました
微妙に膨らんでいて5枚入れる予定でしたが結局4枚しか入りません

4枚の保冷剤を入れて空いた隙間にエアークッションを詰めて
なるべく隙間を無くしてどれ位0度を維持できるか確認しました

実は一番良く車中泊で行くのは名古屋ですが
これからの時期は名古屋市内での車中泊は辛いものが在り
あまりにも暑すぎて名古屋市内での車中泊を断念したことも在りました

そこで名古屋での車中泊で使用したいのですが
吾輩はいつも前日の夜に地元を出て
岐阜県の道の駅 美濃白川で車中泊後名古屋へ行きますので
使用したいのは約24時間後なのです

大体名古屋に向う時間に合わせて
冷凍庫から取り出し密封直後の温度は氷点下の表示でした
保冷確認

翌日20時間後(名古屋市滞在中だと大体夕方位)も
−0度で一度中を開いて確認しましたが
内容物はまだ固形物のままでこれなら使用できそうです
保冷確認

吾輩の今考える使用方法ですが箱には穴を開けません
今回は手持ちのUSBミニファンを使用することも在って
使用する時は保冷箱の蓋を開けて保冷剤の上に
USBミニファンを置きファンを下向きにして
風を保冷剤に当てて冷気を拡散させ使用する予定です

後はどれぐらいの時間使用できてどれ位の効果があるかですね

実際の使用は今週末の日曜日の夜になりそうですが
その前に寝室でも使用してみたいです

うまく行けば
夜間に使用して日中は冷凍し毎日繰り返し家でも使用したいですね


追記

その夜早速どんな感じか使用してみました

室温が26度で
保冷箱の蓋を開けてファンをセット
約7時間後の翌朝に確認した所
保冷剤は積み重ねた下部の物はまだひんやりしていて
まだ15度前後でした

調べてみると”保冷剤と扇風機で効率良く暑さを凌ぐ方法”というページが有りました

ここでのポイントは
1つは保冷剤をタオルでくるむ
もう1つは保冷剤を扇風機の後ろに置くです

まぁ朝まで15度前後でまだ室温より低く
なんとか保冷剤が一夜持っていたので
タオルで包まなくても良さそうだけど
確かに水滴防止とタオルに付いた水滴の蒸発で
気化熱を奪い更に長持ちするはずです(理論上で微々たるものだと思うけど💦)

風を保冷剤に直接当てて冷気を拡散させるより
後ろにおいた方が冷気を送りやすいそうだ

でもタオルを巻いた保冷剤に風を当てた方が
気化しやすいし車内全体を冷やせるし良いような

更に後日ワッツの100円ショップで保冷剤を見てみると
今回購入した500gの物と同様の物が売られていました
ハードタイプだと350gと500gが同じ108円で売られていました
セリア 500g 保冷剤

これ100円ショップ品で容量だけで比較するとお勧めかな
後日ダイソーやセリアで探しても500mlタイプのハードタイプは売られてませんでした
 追記:後日ダイソーで500ml物が販売されている事を確認しました

この商品には約6時間で凍結と在り
今回購入したアイリス製が10時間の表記なので
単純に考えると安い分若干保冷性能が劣っているかも?しれませんね


更に追記

名古屋での車中泊で使用した感ですが
完全な能力不足で車内の温度は下がらずでした

もっと大きな保冷箱を使用して
更に多くの氷や保冷剤が必要だと思います


更にその後の追記です

簡易クーラー2号機作成
保冷箱を大きくしファンを取り付ける形式の物を新たに作成して使用しました
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する