このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2017年05月28日 (日) 22:51 | Mac | 編集 |
以前OS X El Capitanにした際に
新たなセキュリティシステムSIP(System Integrity Protection)が採用されて
システムに変更が加えられないようにデフォルトでONになっています

その為これまで使用していたAsepsis v1.5.2を
通常インストール出来なくなり
開発者もAsepsisの開発を中止しサポートも終了しました
Asepsis is a system utility for prevention of .DS_Store files

それでもAsepsisを使いたい方のために
開発者はセキュリティシステムSIPを無効にする事で
Asepsisをインストールし実行できる方法が公開されています

ただし開発者も「システムインテグリティ保護を無効にすることをお勧めしません。あなたのマシンの安全性は低くなるかもしれません。それは完全にあなたの決断です。」と自己責任での使用を確認しています

まずリカバリーモードでOSを起動する必要があります。
これを行う為にマシンを再起動しCOMMANDキー + Rキー押し
これをAppleのロゴが表示されるまで押し続けます

起動後「ユーティリティ」メニューから「ターミナル」を選択し開きます

開いたウィンドウで、csrutil disableと入力してReturnキーを押します
次にrebootと入力してReturnキーを押し再起動します

再起動後インストーラがシステムのバージョンチェックを無視できるように
ホームディレクトリにファイルを作成します

再度「ターミナル」を開きtouch ~/.no-asepsis-os-restrictionと入力し
その後、ダウンロードしたAsepsis v1.5.2をインストールします

イメージファイルを開きAsepsis.pkgをクリックしインストールします

通常ガイダンスに従ってインストールを行い再起動するだけです

詳しい方法はOS X El Capitanで「.DS_Store」を作らせない&削除する方法を参考にしてください

さてインストール後実際問題無くAsepsisが動作しているのかは
後日「.DS_Store」ファイルが作成されていたら失敗なのですが
そんなに待てないという方の為に「ターミナル」を開いて診断することが出来ます
asepsisctl diagnoseと入力してReturnキーを押します

Your Asepsis installation seems to be OK」と表示されれば問題無しです

これで「.DS_Store」ファイルは新たに作成されていません

もし他の表示が出た場合はインストール失敗もしくはシステムが後日更新されていて動作していない場合があります
この場合は再インストールを試してみてください

そして今現在すでにもうある「.DS_Store」ファイルをホームから削除する方法ですが
「ターミナルで」find ~/ -name .DS_Store -exec rm {} \; と入力してReturnキーを押します

もしくはアプリ(DotCleanerやMacForkCleaner等)を使用して消す方法があります

OS X El Capitanが公開されて大分経つのになぜいまさらこの情報?と
思われるかもしれませんが
吾輩の持つ2台のマックのうち一台が以前何度インストールをしても失敗していたのですが
原因が解らずその時はサブ機だったので放置して今現在に至ってました

今回ターミナルで診断コマンドを実行することによって問題箇所が解り
そのファイル類を全て消去してから再インストールすることによってやっと成功しましたので
その覚書も兼ねています💦
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する