このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2017年04月23日 (日) 23:07 | 自動車 | 編集 |
最近OBD2絡みでUSB電源関係をいじっています

常時電源ユニット バッテリー保護回路付き OBD充電変換 microUSBを
購入したのですが出力は最大で5V/2Aのはずですが
複数を接続して測ってみても最大で1Aくらいしか出ません

なのでスマホやモバイルバッテリーでも
低速(普通)の充電モードでしか充電できずにいます

原因は何なんでしょう?
OBD2コネクタから取れる許容電流はどれ位なんでしょう?

2分岐している事による抵抗等や
フィットGE6のOBD2コネクタとの形状が
完全にあっていないので
ピンが完全にコネクタに差し込めていない事も原因かもしれません
まぁ中華製ということも在りえますが💦

ではどうするか!?
フィットGE6ではOBDコネクタとの形状自体
最初から合っていなかったので
接触が不完全で電流も5V/2Aを流せる分の電流が
流れていないのかもしれません

それならいっその事
OBD2コネクタへの接続をやめて
常時電源ユニット バッテリー保護回路付き OBD充電変換 microUSBを
常時電流の取れる20Aをヒューズボックス等からつないでくるという物

早速コネクタの確認しました
コネクタは分解できる仕様だったのでラッキーでした
ネジを外して中を観てみると
OBDコネクタで使用しているのはやはり
バッテリー電圧の16番とボディーアースの4と5番にはんだ付けしてありました

しかしこの配線
コードを強く引っ張ったら直にはんだ付け部に力が掛かり
簡単に線が取れてしまう恐ろしい仕事です
これはやはり中華製でした
常時電源ユニット バッテリー保護回路付き OBD充電変換 microUSB

常時電源ユニット バッテリー保護回路付き OBD充電変換 microUSB

ただこれなら常時電源に接続は容易ですね
とりあえずハンダ付けを行い結線のみして電流の確認です
常時電源ユニット バッテリー保護回路付き OBD充電変換 microUSB 改

手持ちの12V/2Aのアダプターと繋いで
電流が上がらない原因を探りますが
どうやら抵抗が原因ぽいです
もともと3.5mのmicroUSBのコードがついているのですが
コードの規格は26AWGで普通のUSB2.0で良く見かける24AWGよりも
太いケーブルが使用されているので対策済みと考えます

日中地元の家電量販店で換気扇用の電源取り回しに
新たに購入してきた
USB2.0 スリムUSB延長ケーブル 1.5mも
直径3.5mmで24AWGでした
これまで使用していた延長ケーブルは太くて
電源部の線は20AWGと規格上一番太い線を使用したもので
電源取りだけにはちょっと取り回しがしづらかったので
今回線径の細い物に交換しました

つまり電流が上がらないのはこの製品が問題では無く
この製品の前後に接続している線の抵抗が起因なんだと思います

実際スマホに充電中の電流値を表示するアプリをインストールして
確認すると5V/2AのACアダプターに接続した時の電流値には行かない物の
直接スマホを接続する事で初の1Aオーバーの表示が出ました
電流

しかしこれまで通り変換コネクタや測定器を間につなぐと
これまでと一緒の結果でした
つまりこれまで無駄な事をしてたのかもしれません

我輩の場合、OBDコネクタで二分岐してこの本体につなぎ
本体からのmicroUSB出力にUSB Aに変換するコネクタを繋いでそこで電流値の測定
測定器から100円ショップの充電ツインケーブルで2分岐して
片側には換気扇やスマホ、もう片側にはスマホ等を繋いでいましたが
スマホは全て急速充電できず
この100円ショップの電源ケーブルも曲者でした

外見のコードの太さは他と大差がなかったのですが
切って確認すると線の細いこと細いこと
充電専用のUSB ツインケーブル

まぁパソコン専用なので
きっと2Aの電流が流す事を元々想定していないのだと思います

まぁ結果は改善されませんでしたが
不安材料は無くなりましたので
気持ち的にはこれで考えられることはやったので
まぁ納得し満足でしたかなぁ〜う〜む💦

少しでも早く充電したい時は間に余計なものを入れずに直接つなぐ!ということかな?

あっ!無駄に3.5mあるケーブルも短くすれば抵抗減るかな


確認が済んだ所で取り付けです
結線のみした状態だったので
ケースを削って新たに結線した常時接続用の線を横から出して
ピンの部品は蓋の代わりに元に戻しました
常時電源ユニット バッテリー保護回路付き OBD充電変換 microUSB 改


常時電源をどこから新たに取ろうかと悩んだのですが
ヒューズボックスのパワーウインドウの電源(20A)が第一候補でした
しかしごちゃごちゃしていてどれがパワーウインドウの線なのか解らず
また電源を取るにもフューズに挿して簡単に電源が取れる部品も手元に無く
体勢的に辛くてオーディオ裏から取ることに

他の線より一回り太い黄色の太い線が常時電源で
丁度この線径に使える電源を取るエレクトロタップが
手元に在ったのでそれを利用して
他より太い線を使用しているなら電流も余裕があるだろうと思い
結線は常時電源から取りました

後で調べると常時電源は
車両の取扱説明書のヒューズ番号24、ホーン・制動灯の10Aでした

写真はまだ常時電源を取る前の状態です
オーディオ裏

結線し電流が流れていることを確認して元に戻すだけ

2分岐していたOBDコネクタは
ホンダ専用のオートドアロックシステムのみ挿して
2分岐のフラットケーブルは使用し無い事になり
使用期間5日というなんという短命っだった事でしょう

まぁ将来ドライブレコーダーを使用する時に使用するかもしれませんので
保管しときますが💦


常時電源ユニット バッテリー保護回路付き OBD充電変換 microUSBを
購入したのですが出力は最大で5V/2A(商品説明には2.5A)のはずですが
複数を接続して測ってみても最大で1Aくらいしか出ません

そこで後日2Aの負荷をかけてUSBチッカーで確認しました
ただし出力されるmicroUSB端子にUSBチェッカーを
繋ぐのに変換コネクターを使用しています

2Aの負荷をかけて1.52Aまで流れました
電圧は4Vまで落ちています
動作確認
やはりこれだと急速充電には不向きですね
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する