このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2017年04月09日 (日) 16:59 | 自動車 | 編集 |
暖かくなり4月中に今回は山越えの予定も無いので
今年は早めのタイヤ交換になりました

以前楽天市場で
Meltec ( メルテック ) 電動インパクト ニューインパクトレンチ DC12V FT-09P
トルクレンチ プレセット型(GM-28210) を購入していたのでそちらを初使用しました

電動インパクトレンチ(一番安い商品を探して税金送料込で3,380円での購入でした)


トルクレンチ プレセット型(GM-28210) 3,218円(税送料込み)


作業中の写真はうっかり撮り忘れました

まずインパクトレンチですが
使用するためにエンジンを掛けるのにも抵抗があり
バッテリーチャージャーの仕様も考えましたが
最大で13Aの電流だったので諦めて
また車中の電源プラグに接続しても左右のタイヤの交換時に
コードの取り回しがまた面倒なので
結局取説通りバッテリー端子用アダプターコード(約20cm)が付属品で
入っているのでバッテリーに直接繋いで使用しました

バッテリー端子用アダプターコードが入っていたのはナイスでした

なので電源のコードは本体4m+20cm在るのですが
バッテリーに接続だとフィットだと左側の前部にバッテリーが在るので
右側後輪だとちょっとコードに余裕がない感が在りましたが問題無く使用できました

ナットの緩むと締めるの操作レバーが上下に在るので
慣れるまでうっかり緩めるつもりで締めていたりしましたが
今回は無事タイヤ4本の交換できました

「今回は」と言うのは購入後Amazonのカスタマーレビューの評価を見ると悪い事!

どうやらこの商品は耐久性がなくすぐに壊れる粗悪品らしく
購入先での保証はありますが今時販売元の保証が無いという安かろうの恐ろしい代物です
なので通常は他の商品をおすすめします

吾輩
次回の購入は無いですね
ワンシーズンで1台のタイヤ交換なので
外部で2回タイヤ交換したと思えば元は取れるという計算ですが(笑)

なのでインパクトレンチは基本ナットを緩める時は
どうしても衝撃(インパクト)が掛かり仕方がないけど
ナットを締める時は一度回転したらすぐに止めるようにして
最初から壊れ物を扱う様な使用の仕方でした

その後トルクレンチで締めるという感じです
トルクレンチの方も最初フィットのホイールナット締め付けトルクは取説にも書いてない

ネットで調べるとホンダのホームページの
フィットのマニュアルのタイヤ交換に書いてありました

フィットのホイールナット締め付けトルクは
98-118 N・m(10.0-12.0 kgf・m)

今回は安全を考えて元々強めの設定で表記しているだろうという
勝手な判断から100Nに設定してナットを締めました

柄が長いので締め付けもこれまでより楽でした
カッチっと音と手応えを感じてナットの締め付け終了です

初のトルクレンチなので
他の製品を知らないので何とも言えないのですが
設定も柄の部分に主目盛が掘られていて
持ち手部分を回転して持ち手部の周りに掘られている副目盛を
主目盛と合わせた合計でトルク設定をする物です

意外と取説を読んでいない方も多いのか
カスタマーレビューでこの設定を一度してしまえばOKという方が居ましたけど
通常は使用時に毎回設定して
使用しない時は設定値を緩めてバネが効いていない状態にまで戻してしておかないと
保管時にバネが伸びてしまい後日設定値に狂いが生じる様なのでご注意を

まぁ今回は吾輩も年々老いを感じていたので
タイヤ交換の負担を少しでも軽減しようと購入しました

今回バッテリーに直接接続して4本のタイヤの交換をしましたが
「そろそろバッテリーの寿命が近づいています」との指摘を受けたバッテリーでも
その後問題無く電圧が落ちている感も無くいつもの感覚でエンジンが掛かりました
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する