このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2017年03月03日 (金) 20:09 | honor6 Plus | 編集 |
なんと!
知らぬ間に2016年12月から
おサイフケータイ非対応のhonor6 Plusで
楽天Edyのチャージ等が
お店に行かなくても出来るようになっていました

「Edyチャージ」アプリ とは

「Edyチャージ」アプリ で出来ること

・残高の確認
・楽天会員IDに登録しているクレジットカードからのチャージ
・Edyの受け取り(Edyギフト機能)
・ポイントチャージ(対象カードは楽天カード付帯Edy)
・利用履歴の確認
・キャンペーンの確認

間違いのないように整理すると
支払い時にスマホを機械にかざすのではありません
手持ちのEdyカードをかざして支払います
このアプリは手持ちのEdyカードの残高表示やチャージをする物です

早速ダウンロードして確認しました

オートチャージ設定もしていますが
オートチャージ出来るのは特定のコンビニだけだし
設定の変更やチャージだけの為に
そのコンビニに行くのもこれまで辛いものが在りました

実際先週名古屋に行った時に
わざわざ買い物をしてEdyを使用してオートチャージをしたのですが
後半はオートチャージする機会が無く
残高不足だと不足分は現金や別のEdyで支払うという二度手間になるので
これだとEdyを使用する気が起きなかったのです

そこで帰ってきてからオートチャージの設定額を変更したのですが
その設定変更をコンビニに行ってカードに書き込みしないといけないのですが
行く機会がなくて現在放置状態です

そこにこのアプリの存在を知り使用した次第です
これでチャージの為にコンビニに行かなくても済みます

初期状態のメイン画面
Edyチャージ

カードをタップしてカードデザインを変更できます
Edyチャージ

手持ちのカードデザインに変更した画面
Edyチャージ


最新更新のアイコンをクリックすると
カードをかざすように画面表示されます
Edyチャージ

最新に更新されると残高が表示されます
Edyチャージ

履歴も見ることが出来ます
2/17のチャージはカード加入時に頂いた500円分で
2/26のチャージのみオートチャージ分です
Edyチャージ

チャージアイコンを押すと
千円から2万5千円まで千円単位でチャージできます
Edyチャージ


試しで1000円をチャージしてみます

注意しなければいけないのはカードはかざしたままでいること
これをうっかりカードを離しているとチャージが失敗します
まぁ失敗してもその分のチャージが損する訳ではないので
Edy チャージ進捗画面

無事1000円をチャージできました
Edy チャージ完了


他にも楽天スーパーポイントをEdyに交換できたり
Edyの使用可能なお店を検索し地図に表示し
そこにナビが必要ならGoogleマップを使用したルート検索もしてくれます

楽天スーパーポイントをEdyに交換
Edyチャージ


おサイフケータイ非対応のスマホでもEdyが使える「Edyチャージ」アプリ。楽天Edyがサービス開始。

サービス開始時点ではAndroidスマホ9機種が対応で
今現在も対応機種は追加されていました

最新の対応スマホの情報はこちらから
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する