このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2016年12月04日 (日) 17:32 | 自動車 | 編集 |
先週冬タイヤに交換しようと
昨年友人から頂いたスタッドレスタイヤを
履かせようとしたらなんかしっくりしない

確認するとどうやらハブ径が合っていなかったみたい
その時は諦めてこれまで履いていたスタッドレスを履かせたのだけど
友人から夏タイヤと一緒に頂いた時に夏タイヤは社外品のアルミを履いていたので
ハブ径違いに気付かずこれまで放置していました

昨日の買い物に出かけた際に
ダイソーで電動ドリルに使用できる金属用の砥石を目にして購入してきました
砥石

5シーズン使用済みのスタッドレスタイヤ
組み直すのもアホらしいし使用しないでただ捨てるのに廃棄料金を支払うのもアホらしい
108円で済むならと研磨する事にしました

早速今日は午後からスチールホイルのハブ削りです
以前調べると頂いたトヨタ車のハブ径は54mmφ
フィットは56mmφで2mm径を広げないといけない

研磨前の54mmφのスチールホイル
研磨前のスチールホイル

研磨後の大体56mmφのスチールホイル
研磨後のスチールホイル

56mmφと書きましたが正確には
研磨しては組むを何度か繰り返して
ちゃんとしっくり収まるのを確認して終了したので大体56mmφです

ただ今回1本研磨に約2時間から3時間掛かりました
本日は1本研磨で終了です

ダイソーの砥石はまだ使えそうですが
砲弾型で荒削り仕上げに円筒形を使用しました
ダイソー製なので中心が出ていませんでしたし使用していると中心ずれていきますし
今回は欠けませんでしたが研磨中に欠ける可能性も
4本削る場合は保険で3セット在ると良いかもしれません

もしかするとダイソー製じゃなければ研磨に2〜3時間も掛からなかったのかな?


あと吾輩もうっかりしていましたが
今回履いた新車登録から使用しているスタッドレスタイヤは7シーズン目と勘違い
8シーズン目だったので今は新しいのに替えたい気分です

頂いたスタッドレスタイヤもミシュラン製の5シーズン使用した物
30年前にスパイクタイヤからスタッドレスタイヤに移行した時から
ミシュランは食いつきは良いが止まらないというイメージで正直日本製より劣っている感が強い

最近の製品でもミシュランは日本に開発拠点を持ってきて研究しているけど
ゴムの硬度測定で日本製は40台なのミシュランは50台
60台だと夏タイヤレベルの硬さで
元々ミシュランはゴムが堅いので吾輩の評価と信頼性は無しでもう夏タイヤ使用でしょうって感じです

最初の予定では手持ちのスタッドレスタイヤ2組と夏タイヤ1組で
来年か再来年に夏タイヤを履きつぶして夏タイヤ購入
スタッドレスタイヤは車検シーズン用と通常シーズン用にして
2組を使い分けて1シーズン毎使用して2シーズンの延命を予定でしたが
今回の8シーズン目という事でちょっと事情が変わってきました

次の車検の来シーズンに後2シーズン使用しても良いのだけど
9シーズンの使用となるとね〜走るの怖いですね
8シーズン目でもちょっと怖いし
次に買ったスタッドレスタイヤがまだ使える内に今度は車の方が買換え時期になりまたもったいなくなる

それなら安全重視で早めにスタッドレスタイヤを買い替えた方が良いですよね

なので新しいスタッドレスタイヤを購入したくなりました
まだ雪が降っておらずカーショップはタイヤ交換サービスに忙しいと思うので
雪が降ってタイヤ交換が落ち着いた今シーズン中に新たなスタッドレスタイヤを購入して
アルミの夏タイヤを組み直して冬用にして
今在る2組のスタッドレスタイヤは夏タイヤとして履きつぶすのも良いかもしれません

あっ!年末調整分でスタッドレスタイヤを購入しても良いかも
そう言う訳でもう買う気満々です

最後にスチールタイヤを研磨する事によって強度も中心精度も落ちますし
その他にも想定外の事が起きる可能性も在りますので自己責任でしてくださいね
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する