このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2016年10月30日 (日) 13:14 | Xperia SO-03D | 編集 |
【CWM】ClockworkmodでのカスタムROMの書き込み(ROM焼き) の記事
読むと違うAndroidバージョンでも書き込みが可能らしい
そこでXperia SO-03Dで
実際にAndroid4.0.4からAndroid4.1.2に可能なのか確認です


CWMでROMのWipeを以下の3つの項目で実行します

wipe data/factory reset
 …data以下のユーザー領域をwipe(cache含む)、端末の工場出荷状態に近い
 ※sdcard領域内(/data/media)にあるデータは消えません
・mounts and storage>format /system/
 …systemをformatしOS自体が消去されます
・advanced>wipe dalvik cache
 …dallvik cacheをwipe

その後CWMでバックアップを取ったAndroid4.1.2のファイルでリストア
リストア完了表示後にシステムリブート

その結果はダメでした

Sony Ericssonのロゴ表示後に青LEDが点灯し
その後画面が変わりそのままブラックアウト!
画面が落ちて最初の起動に戻るというリピート状態に

ダメだと解ったところで
青LED点滅時にボリュームボタンを押して
CWMのリカバリーモードには戻れたので
Android4.0.4に戻すことに

CWMのAndroid4.0.4バックアップファイルで
再度リストア処理をして4.0.4には無事戻れました

4.1.2の起動は出来ませんでしたが
Android4.1.2からAndroid4.0.4には戻れましたから
Androidのバージョン違いの書き込み自体には問題はないのかもしれません

もしかするとですが
日本の端末向けのAndroid4.0.4から
海外向けのAndroid4.1.2を書き込んだのが原因かもしれません
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する