このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2016年10月23日 (日) 17:17 | honor6 Plus | 編集 |
honor6 Plus のAndroidを5.1.1にしたのですが
その後からCWM Recovery の保存サイズがおかしい

一度はスマホ自体の動作は安定しているので
このまま使用していくつもりでしたが
そのつもりでCWM Recoveryでバックアップを取ろうとしても
今度は保存ファイルのサイズが大きすぎて
取ることが出来なくなりました

最終的には18GBまでサイズが膨れ上がりました

honor6 Plus には32GBストレージが在りますが
内部ストレージは25.77GB
そこのアプリとデータが入れると
簡単に空きが足りなくなりCWMが使用できなくなるのです

どうしたもんでしょう
ここで考えたのは
「もうAndroid4.4に戻そう」と

【CWM】ClockworkmodでのカスタムROMの書き込み(ROM焼き) の記事を参考に

CWMでROMのWipeの3つの項目を実行します

・wipe data/factory reset
 …data以下のユーザー領域をwipe(cache含む)、端末の工場出荷状態に近い
 ※sdcard領域内(/data/media)にあるデータは消えません
・mounts and storage>format /system/
 …systemをformatしOS自体が消去されます
・advanced>wipe dalvik cache
 …dallvik cacheをwipe

この時点でふと思ったことですが
この記事が2年前だからなのかnonor6 Plusが異端児なのか
Androidのバージョンが違うからかは分からないのだけど
記事には※sdcard領域内(/data/media)にあるデータは消えませんとあるけど
・wipe data/factory reset実行すると
honor6の場合
内部ストレージも初期化されてしまいます

CWMの書き込み為に準備したROMファイルも消去されてしまい
結果CWMでは書き込み事が出来なくなり先に進むことが出来ませんorz

なのでHonor 6 & 6Plus Multi-Toolを使用してインストール

前回、3つのwipeを実行しないでインストールしていたので
一度CWMをインストールして症状が改善されていないか確認しましたが
やはり初期状態でも保存ファイルは4GB超えorz

これでCWMでのバックアップを諦めました
CWMがこの端末のAndroid5.1には未対応という事で結論づけました

正直CWMでの保存も10ヶ月間使用してなかったので
安定していれば純正のバックアップで問題無さそう
今まで感謝です

その前にせっかくだからと
初のTeam Win Recovery Project(TWRP)をインストールしました

現在開発の更新が止まっているらしいCWMよりは
今後の将来性を考えるとTeam Win Recovery Project(TWRP)らしい

Honor 6 & 6Plus Multi-Toolを使用してTWRPをインストール

2.8.7.0というバージョンがインストールされ
起動方法が解らなかったけど
CWMと同じ音量大ボタン長押しで起動を試しました

いつもどおり画面がグレーになったら我輩の場合ボタン押しを離します

すると問題なくTWRPの起動画面表示になりました(手ブレ写真ですいません)
TWRP 初期起動画面

後はネットで使用方法を見ながらの操作
【TWRP】Team Win Recovery Project(チームウィンリカバリプロジェクト:TWRP)の起動と操作・使用

タイムゾーン設定
メニューから「Settings」>「Time Zone」に進んで
リストから「UTC +9(DSTチェック無し)」をえらんで
CWMでは設定ができないタイムゾーンを日本に変更します

そして試しにROMのバックアップ
メニューから「Backup」を選んで
バックアップしたい項目にチェックを入れ
最後に「Swipe to Back Up」の矢印ボタンを右にスワイプすると実行されます
※通常ROMのバックアップは「System」「Data」「Boot」の3つで問題なし
TWRP バックアップ設定画面

この時点で保存されるサイズが分かるので
CWMより良いですね
アプリを復元インストールした時点での
ファイルサイズは3.5GB前後

おっこれは使えるかも!

早速矢印ボタンを右にスワイプしてバックアップを実行

結果は内部ストレージ内にバックアップファイルが作成されました
保存されたファイルも3.4GBとこれまでのCWMの保存サイズ並

内部ストレージに保存されるので
これだとPCにバックアップを移動するもの
Android File Transferを使用してUSB接続で簡単に移動出来ます
Android File Transfer

TWRPが使えることが解ったので
一度CWMのバックアップで取ってあるファイルで
ある程度の設定まで戻してから
TWRPを上書きすることにします

あっ!これ動作が不安定だった時のCWMファイルでした
今回バックアップ取ろうとして取れなかったので
Android4.2に戻そうとしていたのでした(笑)

なので再度設定をしていきます

CWMの保存サイズがおかしいせいで
結局今週の休日も終わってしまった

これで問題がなければしばらくhonor6ネタは無いかな〜
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する