このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2016年08月17日 (水) 15:00 | ヘルスケア | 編集 |
左足の麻痺から捻挫を起こしてしまい
昨日から足首と指先が全く上がらない状態になっていたので
ねんざ

ネットで調べた結果「総腓骨神経麻痺」というものらしい

16日までは病院もお盆休みということで行けなかった病院へ

症状の確認と今後また足を引っ掛けて捻挫を更に悪化させたくなかったので
できたらギブスで固定してくれたらというちょっとした期待と
ギブスは大げさで嫌だなぁという葛藤を持ったまま行ってきました

病院での診断はやはり「総腓骨神経麻痺」でした
先生によると「ドロップフット」(下垂足) と言って神経の場合はもっと早くに来て欲しかったと
治療の遅れがそれ以上の治癒の遅れに繋がるらしい

そう言われてもお盆休みだったしなぁ〜

静脈注射で神経障害(しびれ)を改善する注射との説明を受けて(ノイロトロピン3ml、リメファー3B10ml)をされて
リハビリ室に移動して
麻痺をした神経に低周波治療の処置
低周波治療


ここでビタミン注射と低周波治療って
病院に行く前からビタミン剤はとっているし
低周波治療器も昨日からしていました

自宅で使用している低周波治療器
GRANTZ GⅡ
もう購入して30年近くしますが現役です
グランツGⅡ



低周波治療は同時に4箇所の処置ができるので
家庭用の物よりは確かに良いけど
4回したら良いだけだし

リハビリの処置も終わり
家にある低周波治療器を使用しても構わないか?と聞いてみると
別に問題は無いらしい

これで再度先生のところで今後の治療の話があるのかと思っていたら
そのまま受付へという説明

えっ!これで終わり?

結局支払いと処方箋を頂いて終わりです

処方箋を見るとメチコバール錠というビタミン12の薬で一週間分
これは全治一週間ということなのか?

調べると家で飲んでいるビタミン剤の1錠と同じ量のビタミン12が入ってました

何なんだ
これじゃぁ〜静脈注射以外は
病院に来るまで家でやっている事と同じでした

なんだかなぁ〜
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する