このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2016年08月06日 (土) 23:59 | 東芝 REGZA | 編集 |
東芝REGZA 42Z3 の修理に今週来ていただいたのですが
故障の症状を説明したつもりだったのですが
全く伝わっておらず
その結果修理されず

再度連絡を取り吾輩の立会できる日に修理に来て頂きました

電話で前回来ていただいた方には症状を伝えていたし
修理に来られた方もその方でしたので
電源のオンオフを繰り返す症状を確認されてから
今回はすぐに修理に

テレビ台からテレビを外して裏フタを外し
まずは電源ユニットのみ交換して症状を確認

2枚の黄色い基盤が電源ユニット
電源ユニット

症状は変わらず
電源ユニットは壊れていないということで
電源ユニットは元に戻して
今度はメイン基板の交換で確認

写真では黄色い基盤の左側の緑色の基盤がメインユニットで
こちらを交換後再度電源を入れ確認すると症状は出ず
これでメイン基板の交換で修理は完了です


次にメイン基板が交換されたので
このままではこれまで録画した外付けHDD内の番組が著作権の関係で見られません
そこでメイン基板とHDDの「紐付け」です

裏蓋を閉じてテレビ台にテレビを戻してから
持参されたUSBメモリを差し込んで電源ボタン周辺を操作すると
何やら見慣れない画面のモードが立ち上がって
ひも付け完了!

あっけないものです
1時間かからず修理が完了してしまいました

ネットで調べると
この作業をしてくれないメーカーも有るとか
これをしてもらわないとこれまで録画した番組が一瞬で見れなくなります

まぁHDDが壊れれば同じですが
これをしてくれる東芝さんには感謝感謝です

今回交換した部品の保証期間は3ヶ月です
でも長期保証もあと6ヶ月残っているのでしばらくは安心です

メイン基板を交換したおかげで
前から認識されなくなっていたHDMI連動
機器が認識されるようになり使えるようになりました
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する