このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2016年07月06日 (水) 20:19 | 家電・PC・ゲーム関係 | 編集 |
すいません今回画像は一切取ってません

以前Boot CampによるWindowsサポートソフトウェアの準備
Boot Campのサポート外である
MacBook Pro(13-inch, Mid 2010)に入れようと
Windowsサポートソフトウェアの保存先に
4GB USBフラッシュメモリを指定してダウンロードし作ったのだけど

結果から書くと最新版は全く使用できず
結局MacBook Pro(13-inch, Mid 2010)に使用できるというドライバーを
アップルから再ダウンロードして使用しましたので
この4GBのUSBメモリは新たに
Windows10のバックアップ用アプリで復活時に使用する
ブータブルディスク用にする事に

所が初期化でMacでもWindowsでもフォーマットでエラー表示がでたり
フォーマットできたと思って再度開いてみてもフォーマットできません

出来ても4GBの空き容量が在るはずなのに
空き容量表示が200MBというおかしなことに

そういえば以前にも外付HDDで同様な事が在って
原因はMacで作られたGPT保護パーティションが消せないということです
(以前は東芝REGZAで録画用に使用していたHDDだった記憶が)

その時はバッファローのDISK FORMATTER で簡単に消せた記憶があったので
今回も同様にDisk Formatter Ver.2.08をダウンロード

これは他社製品でもフォーマットできるしこのバージョンから
Windows以外で使用したドライブのフォーマットに対応しているので
今回の症状にはうってつけなのです

DISK FORMATTERを起動して
対象のUSBメモリを選んでとりあえずFAT32でフォーマットを実行

簡単にGPT保護パーティションが消えちゃいました

コマンドプロンプトで diskpartというツールを使用する方法もありますが
ダウンロードする手間は在りますが
こちらの方が操作は簡単ですので
同様に悩んでいらっしゃる方は一度試してみてください
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する