このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2016年07月02日 (土) 23:59 | 家電・PC・ゲーム関係 | 編集 |
まず最初に先週末にタイトルに在りましたトリプルブートは
Ubuntuが必要の時のみDVD−Rの外部ドライブで
起動でしばらくお試しで使用していくことにしました

原因はWindows10が再起動しないことが原因でして
トリプルブート所では無いので
まずはMacBook Pro(13-inch, Mid 2010)を
デュアルブート(OS X El Capitan, Windows 10 Home)にする事になりました

参考にしたのはこちらの
MacBook Pro13インチ(Mid 2010)のWindows8.1をWindows10にアップグレードしました

実は無事この作業は前日に完了したのですが
Window10をバックアップしようと
システムイメージのバックアップを作る際に
内部ドライブと外部ドライブを間違えてフォーマットしてしまいました

なのでOS X El Capitan, Windows 10共に
クリーンインストールです

その前の準備として

OS Xはインストール後に現れる「情報を転送」のメニューから
個人データをTime Machineからで復元するので必要な方はバックアップを取る

追記:のちに計測した結果クリーンインストールし
 個人情報のみ情報転送するより
 全てタイムマシンで復活させた方が通信環境にもよりますが時間短縮できます(約60分で終了しました)


ダウンロードでの時間を短縮のためOS Xインストール用USBメモリを事前に作っておく
同様にWindows10のISOインストールファイルも事前に用意する

OS X El Capitanのクリーンインストールに約60分
インストール完了後
「情報を転送」メニューからTime Machineで
アプリケーションと個人ファイルを転送に約30分
合計90分程作業にかかります


手順
1.Mac OS初期化

OS Xインストール用USBメモリを本体に接続して「Altキー」(option)を押しながら再起動もしくは電源オン

起動一覧リストから
OS Xインストール用USBメモリを選び
OS X ユーティリティを起動して
メニューより「ディスクユーティリティ」を起動
OSX ユーティリティよりディスクユーティリティを起動

起動後対象HDD(本体内蔵HDD)を選び
上部アイコンの消去を選択する
その時
名前:MacBook Pro HD
フォーマット:OS X拡張(ジャーナリング)
方式:GUIDパーティションマップ
「消去」→「完了」をクリック
Macbook Pro HD消去


次にパーティション構成
 まずOS X El Capitanで使用するサイズの設定
 
 自分のHDDの場合は約250GBなので
 110GBをOS X El Capitanに
 140GBをWindows10


 対象のHDDを選択し
 上部メニューの「パーティション」を選択
 まずはサイズをOS X El Capitan用に110GBにして
 MacBook Pro HD 11GB


 次に円グラフ下に在る+アイコンをクリック
 残りの約233GBを選びます
 233GB部分はWindowsインストール時に削除されますので
 適当な名前でOKです
 仮にCATにして
 フォーマット:OS X拡張のままで
 設定後「適用」→「完了」です
cat 140GB
 
 ディスクユーティリティをメニューから終了し
 OS X ユーティリティ画面に戻します


OS Xを再インストール

 OS X ユーティリティからOS Xを再インストールを選び
 案内に従ってインストール
 この時のインストール先は
 先に構成したS X El Capitan用のパーティションを選ぶこと

 後はインストールが終了するのをひたすら待つのみ
 約1時間でインストールが終了し初期設定画面に
 
 「情報を転送」メニューからTime Machineで
アプリケーションと個人書類ファイル等を転送する設定で約30分

Windows10のインストール

MacにWindowsインストール用メディアを接続した状態で
「Altキー」(option)を押しながら再起動もしくは電源オン

起動ディスク一覧から
Windows10インストール用メディアを選択する
ここでは必ず「EFI Boot」を選びEFIインストールモードでインストールする事

勉強不足で吾輩はここで前回もつまずきました
ここで純粋にWindowsを選びインストールを進めていくと
MBRインストールモードで進んでいき
ドライブ0パーティション4にWindowsをインストールする事は出来ません。」という感じで表示され

その表示された「詳細の表示」を選ぶと
ドライブ0パーティション4にWindowsをインストールする事は出来ません。
選択されたディスクはGPTのパーティション形式ではありません。
」と出てきて先に進めなくなります


Windows10インストールを画面指示に従い
Windowsのインストール場所を選ぶ画面で
先のパーティション作成の時に
Mac以外の残り保存領域部分のパーティションを選び「削除」

削除してできた「ドライブ0の割り当てられていない領域」を選択して「新規」
ここでWindows10で使用するサイズ今回はすべてを指定して「適用」

2つのパーティションが作成されるので(1つはシステムが使用するMSRで16MB程)
もう1つの127GB程のパーティションを選んでインストール

20分程で再起動し
デバイスを準備していますと表示がでて
更に5分程経過後に再起動し
しばらくすると

接続するの画面
「このデバイスのセットアップを完了するため、ネットワークを選んで接続してください。」

ネットワークリストから接続先を選び次へ

「すぐに使い始めることができます」との案内画面
ここでは簡単設定でも問題ないと思いますが
我輩の場合は左下に在る
設定のカスタマイズで全ての機能をOFFにしてから次へ

「自分用にセットアップする」
この手順はスキップするを選ぶ

このPC用のアカウントの作成でユーザー名とパスワード設定をして次へを選びインストール終了です

しかしその後の能書きが長い!💢

キーを押しても全く反応しないし一瞬固まったかと思いましたが
しばらくすると電源を切らないでくださいと表示が出たので
ひと安心しましたけど
これで無事インストールは終了で
ここまで約90分かかりました

通常の操作画面が表示され
右下に「ディスプレイドライバーを検索しています」と案内が出ます

後で解ったのですが再起動を妨げていたのはこの後更新されるディスプレイドライバーでした


ここでWindows10 高速スタートアップが再起動を妨げている原因の一つで
BootCampをインストールすると自動的にこの機能が無効になります

しかしMacBook Pro(13-inch, Mid 2010)サポート外の機種なの
でここで必ずこの機能を手動で無効にしてください

しばらく放置しているとディスプレイドライバーの更新?か何かで
画面が二度真っ暗になりましたが
我慢して放置していると再表示されました

その後「ディスプレイドライバーが更新されました」と案内されます
更に「完全な機能を復元するために、システムを再起動してください。」と出ますので
ここでデバイスマネージャーを開いて
ディスプレイアダプター内の更新されたNVDIAのドライバーを無効もしくはドライバーを元に戻すで
Microsoft基本ディスプレイアダプターの使用にします

これで再起動できるはずですが
最後にMacBook Pro13インチ(Mid 2010)のWindows8.1をWindows10にアップグレードしました
紹介されているページから
BootCamp 5.1.5722 Driversをダウンロードしインストールしてください

インストール終了後再起動の案内が出るので
ここで再起動出来れば終了です


再起動しなくなる事の回避方法は
自動アップデートされたディスプレイドライバーを使用しない

この原因が解るまで延べ3日間休日を使ってしまいましたけど
後でネットで調べるともう有名な事だったらしく
もう少し早く調べていればこんなに時間がかからなかったと
ちょっと後悔です

なので将来自動アップデートが行われるとまた起きるかも知れません

最後にBoot Campコントロールパネルでのおかげで
トラックパッドの副ボタンのクリック設定ができるようになり
非常に助かりました
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する