このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2016年06月26日 (日) 20:03 | 家電・PC・ゲーム関係 | 編集 |
Mac mini(Late 2012)でのトリプルブート(OS X El Capitan, Windows 10 Pro, Ubuntu 16.04 LTS)の記事を参考に
MacBook Pro(13-inch, Mid 2010)でのトリプルブート(OS X El Capitan, Windows 10, Ubuntu)に挑戦する事に

ブログに手順を整理し
書きながら作業も同時進行している現在進行形の記事です
なので後日かきなおす場合も在りますので
文章がおかしなこともあるかもです

まずは必要な物を準備

Boot CampによるWindowsサポートソフトウェアの準備

Boot Campのサポート外である
MacBook Pro(13-inch, Mid 2010)に
入れるWindowsサポートソフトウェアの保存先を
4GB USBフラッシュメモリに指定してダウンロード

確かに通信状態によっては残り2000時間との表示も
通信速度と残り時間から大体2GB前後のファイルをダウンロードしていると推測
Boot Camp アシスタント サポートソフトウェアダウンロード

ダウンロードしたこのWindowsサポートソフトウェアは
Windowsをインストールした後に使用します
Boot Camp 


※サポート外のMacBook Pro(13-inch, Mid 2010)の場合
Windowsサポートソフトウェアをダウンロードして無駄でしたので
以下に紹介しているBoot Camp Driversをダウンロードで対応します

Linuxインストール媒体作成

とりあえず手元に在る何故かインストール中にエラーが出て
インストール出来ないubuntu-ja-12.04.2-desktop-i386.isoから
焼いたDVDで対応

紹介に在ったUbuntu 16.04 LTSをダウンロードしたいが
今はBoot CampによるWindowsサポートソフトウェアをダウンロード中なので
後でダウンロードし媒体を作ります

GPT fdisk(gdisk)のインストール

GPT fdiskのサイトから、モジュール(gdisk-1.0.1.pkg)をダウンロードする
ダウンロードしたgdisk-1.0.1.pkgをインストールする

手順
1.Mac OS初期化

OS X ユーティリティ「command + R」を使用して新たなOS Xを再インストールします

OS X ユーティリティを起動して
メニューより「ディスクユーティリティ」を起動
OSX ユーティリティよりディスクユーティリティを起動

起動後対象HDD(本体内蔵HDD)を選び
上部アイコンの消去を選択する
その時
名前:MacBook Pro HD
フォーマット:OS X拡張(ジャーナリング)
方式:GUIDパーティションマップ
「消去」→「完了」をクリック
Macbook Pro HD消去


次にパーティション構成
 まずOS X El Capitanで使用するサイズの設定
 
 自分のHDDの場合は約250GBなので
 110GBをOS X El Capitan
 110GBをWindows10
 残りの30GB前後をUbuntuとスワップ領域にする予定


 対象のHDDを選択し
 上部メニューの「パーティション」を選択
 まずはサイズをOS X El Capitan用に110GBにして
 MacBook Pro HD 11GB


 次に円グラフ下に在る+アイコンをクリック
 残りの約233GBを選びます
 233GB部分はWindowsインストール時に削除しますので
 適当な名前でOKです
 仮にCATにして
 フォーマット:OS X拡張のままで
 設定後「適用」→「完了」です
cat 140GB
 
 ディスクユーティリティをメニューから終了し
 OS X ユーティリティ画面に戻します


OS Xを再インストール

 OS X ユーティリティからOS Xを再インストールを選び
 案内に従ってインストール
 この時のインストール先は
 先に構成したS X El Capitan用のパーティションを選ぶこと

 後はインストールが終了するのをひたすら待つのみ
 残り約14時間と表示
 追加コンポーネントをダウンロード中って💦
OS X El Capitan インストール中 残り14時間

 実際のダウンロードは約5時間で終了し再起動
 再起動後しばらくして「インストール中:残り時間約25分」と表示

 インストール終了後初期設定に
 
 このMacに情報を転送のメニューから
 Time Machineに保存してあるアプリケーションと書類を転送する設定にして実行
 残り時間約25分の表示




Windows10のインストール

MacにWindowsインストール用メディアを接続した状態で
「Altキー」(option)を押しながら再起動もしくは電源オン

起動ディスク一覧から
Windows10インストール用メディアを選択する
ここでは必ず「EFI Boot」を選びEFIインストールモードでインストールする事

勉強不足で吾輩はここで前回もつまずきました
ここで純粋にWindowsを選びインストールを進めていくと
MBRインストールモードで進んでいき
ドライブ0パーティション4にWindowsをインストールする事は出来ません。」という感じで表示され

その表示された「詳細の表示」を選ぶと
ドライブ0パーティション4にWindowsをインストールする事は出来ません。
選択されたディスクはGPTのパーティション形式ではありません。
」と出てきて先に進めなくなります


Windows10インストールを画面指示に従い
Windowsのインストール場所を選ぶ画面で
先のパーティション作成の時に
Mac以外の残り保存領域部分のパーティションを選び「削除」

削除してできた「ドライブ0の割り当てられていない領域」を選択して「新規」
ここでWindows10で使用するサイズ(120000MB)を指定して「適用」

2つのパーティションが作成されるので(1つはシステムが使用するMSRで16MB程)
もう1つの117GB程のパーティションを選んでインストール

後は20分ほど待てば再起動し
デバイスの準備等準備していますと表示し
更に5分程経過後に再起動し
しばらくすると

接続するの画面
「このデバイスのセットアップを完了するため、ネットワークを選んで接続してください。」

ネットワークリストから接続先を選び次へ

すぐに使いはじめることが出来ますとの案内

簡単設定を使うでアカウントやパスワード設定をしてインストール終了です

追記:起動できなくなったので簡単設定ではなく詳細設定ですべての機能をOFFにして効果確認してみました

しかしその後の能書きが長い!💢

キーを押しても全く反応しないし一瞬固まったかと思いました
電源キーを触れた時に電源を切らないでくださいと表示が出たので
ひと安心しましたけど

追記:ここで一度復元ポイントの作成をお勧めします
実はこの後2回再起動で失敗し自動修復でも修復できなくなりました

最初はデバイスの設定で デバイスインストール後
二度目はBoot CampによるWindowsサポートソフトウェアをインストールする過程後

案内に在るシステムの復元でも復活出来ませんでした

Windows10 高速スタートアップが悪さをしている可能性がありです

インストール終了後
すぐにWindows10 高速スタートアップを解除しておかないと
自動再起動でその後起動しなくなっているのかもしれません

また対処法としてまだ試してないのが
普段は高速スタートアップを有効にしておきたいが
一時的に無効にしたい場合や
セーフモードでの起動を行いたい場合などは以下の操作

(「完全シャットダウン」と言うらしい)スタートメニューで表示される「シャットダウン」を「shiftキー」を押しながら行う

「再起動」を「shiftキー」を押しながら行うとメニュー画面が表示されセーフモードへの移行などが可能になる
(「PCの電源を切る」を選択しても完全シャットダウンとなる




Boot CampによるWindowsサポートソフトウェアをインストール

Windows10インストール終了後に
先に準備したBoot CampによるWindowsサポートソフトウェアをインストール
もし起動してサポート外と表示が出る場合は以下のページを参考にコマンドにて実行してみる

ただ紹介ページに在ったBoot Camp 5.1.5640 Driversのインストールだけでも良いかもしれません

MacBook Pro13インチ(Mid 2010)のWindows8.1をWindows10にアップグレードしました




これでOS X El Capitan と Windows10は起動できるはずでして
これで正直終了してもいい感じです

Linuxはインストールしないで
必要時にお試しモードで使用しても良いともちょっと考えても居ます

またこのブログを書いている時点で
まだOS X El Capitanの再インストールが終了して無く
終了予定が深夜2時なので続きは後日になると思います

なのでubuntuのインストール手順も
後日追加したいと思います

正直土日の休日は
このことが中心でしたので疲れました


関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する