FC2ブログ
このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
過度な期待はしないで下さい
2011年03月13日 (日) 17:18 | mixiからの引越しブログ | 編集 |

さて、今回の地震が先週の金曜日午後2時46分に起きたわけですけど、その後のドル円為替を今日始めて観てみました。

世界が今後の日本をどう見ているかを知る一つになると思うんだけど。。

見てみると地震が起きた直後、吾輩も予想した通り経済不安で円安に走りました。
それで、自分は週末の取引終了の土曜日の朝まで円売りでドル高トレンドで終了していると予想していました。

ところが、実際は地震直後は、予想通り82.79円前後から円売りで一気に50銭安になりその後83.29円前後をうろちょろ。。それも長続きせず地震から1時間半ほどの16時過ぎに円買い円高に変わりました。
そのまま日が変わり午前1時には81.65円まで円高になり円安のピークから9時間程で1円以上の円高に。。
その後は若干円安になり81.846円で今週の取引は終了しました。

でもなぜ円高に?。。どうやら、16時頃までは日本やアジアの投資家が我輩と同様な考えで円を売るが、その後は投資家が多いヨーロッパそしてアメリカへと日本情勢からアジア情勢そして世界情勢に移り日本の地震なんぞ世界情勢にそんなに影響していない感じで終わりました。

休み明けはもちろん日本やアジアの投資家。。
日本情勢を単純に考えれば円売りでドル高になると思うんだけど。。
日本の影響を受ける東南アジア各国の企業株も下がるだろうし月曜日の日中は朝一は大きな動きはあるだろうがその後は様子見になるのかな。。

なんせ、大きく値が動く時は稼げる反面損金を拾う可能性も大。
週末はハイリスクハイリターン。。
あたりまえだけど稼いだ人もいれば損をした人もたくさんいたんだろうな。。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する