このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2016年01月14日 (木) 21:34 | ヘルスケア | 編集 |
良く良く考えると20代でもうこの症状が出ていたので
咽頭炎についてちょっと調べてまとめてみました

参考にしたのはこちらの病気検索!WEBクリニックのページ

咽頭炎は軽い風邪症状が特徴の病気で
ウイルス性と細菌性の2種類があります。

後者の場合は、特に気をつけなければなりません。

咽頭炎は中咽頭粘膜に炎症が起きます。
急性咽頭炎も多くは、風邪が原因で発症します。
そのほか、疲れや精神的なストレスがたまっていたり、
睡眠不足などが原因になるといわれています。

一方、慢性咽頭炎は急性咽頭炎の繰り返し、
長期間の刺激性ガスの吸引、慢性鼻炎や扁桃炎などが原因になります。

主な症状は
急に喉が痛み出し、ツバを飲み込むだけでも痛みます。
発熱は微熱から高熱まで広範囲にわたりますが、
特に小さな子供の場合は、38度以上の高熱を出すことも少なくありません。
倦怠感もあり、慢性になるとむせるような軽い咳が出ることもあります。
咽頭炎はインフルエンザ、百日咳、はしか、溶連菌かんせん症、肺炎などの初期症状ということも考えられます。

治療法は
薬を服用することで治療します。
発熱や痛みには、解熱剤や消炎鎮痛剤が処方されます。
細菌性であれば抗生剤の服用が効果的ですが、
そうでない場合は抗生剤を使っても効果はあまり見られません。

ほかにはルゴール液を塗ったり、ネブライザー(吸入器)を使った治療も行われます。

安静にしていれば3日~1週間程度で治ります。
咽頭炎も喉の病気なので、
発声を控えることも効果的な治療法になります。

まとめてみると
咽頭炎はインフルエンザ、百日咳、はしか、溶連菌かんせん症、肺炎などの初期症状ということも考えられます。と
在るのでまだ何かの病気の初期症状の可能性もありますね
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する