このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2015年08月18日 (火) 23:24 | 家電・PC・ゲーム関係 | 編集 |
さて前日に「修復用ハンドルの取得エラー」の表示が出て
最初からやり直しになったのですが
今日も朝の出かけ前に動作確認と
レジューム機能を使う為に一度停止してから
放置して仕事から帰ってきました

部屋に入るともうHDDのアクセス表示が止まっていて
もうあきらめモード

表示させると
もう見慣れた「修復用ハンドルの取得に失敗した」エラー表示
「修復用ハンドルの取得エラー」

止まった検査パスの位置を見ると
一応前日の止まった場所の赤セクタは説明通りに修復されていて
次の新たな赤セクタで停止していました

レジューム機能が在るので
とりあえず今朝までは戻せると思ったのですが
再度立ち上げてレジーム機能を適用すると
また最初から💢

保存されてなーい!
想像するに「修復用ハンドルの取得エラー」が出た時点で
止まった位置がリセットされて中止するとリセットされた最初からの位置が保存されてしまうのでは?

赤セクタがちゃんと修復できることは解りましたが
赤セクタを一つ修復する度に「修復用ハンドルの取得エラー」が出て
最初からまたスキャンでは
HDDの寿命とスキャン時間が無駄になりそうなので
今回はこのアプリの使用をここで辞めました

Macに繋ぎ直してディスクユーティリティで”消去”を選択し
セキュリティオプションで”ディスクに1回のゼロ書き込み”を指定して放置にしました
ディスクユーティリティ

開始時の予想時間は19時間
約5時間経過して予想時間は17時間(笑)

これで不良セクタは回避されると思うので
最後にS.M.A.R.T.情報で回避されたことを確認してから
通常使用しないバックアップ用にします
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する