このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです
 過度な期待はしないでください
2015年08月14日 (金) 11:06 | 家電・PC・ゲーム関係 | 編集 |
前日結局バックアップ専用の3TB HDD(USB3)に
LS410Dのファイルのまるごとコピーを実行し
別に不良セクターチェックをしたまま寝たのです

ところが朝起きると
不良セクターチェックが止まってる!?

なぜって調べてみると
うっかりWIN7のWindows Updateの設定を
自動更新にしていました

そう寝ている間に
更新プログラムを自動更新し再起動してました

そこで更新プログラムの自動更新を止める設定して
再度セクターチェック開始です

この時点でもう一つのまるごとコピーの方は問題無く
昼過ぎ(13時頃)には終了しそうです

話を戻して
不良セクターチェックを中断し待機状態だったHDDの温度は
寝る前の64度から53度まで温度が下がっていましたが
不良セクターチェックを再開して90分後には61度に温度上昇

ここでダイソーの200円ファンを使用して空冷を開始!
一時間ほどで49度まで下がりました
HDD温度グラフ

おぉ〜!これ良いかも
前からしとけば良かった

そして不良セクターの方はまだ発見されず
推定残り時間は88時間台になり
約4日まで短縮されてます
データ復旧クラウド FromHDDtoSSD 残り時間88時間

その後用事で放置して外出しました

3TB HDDへまるごとコピーの
LS410Dの保存ファイルのバックアップは
帰宅すると無事終了していました

ファイル名でのエラーもなさそうで
こちらはしばらくこの状態で様子見ですね

後は不良セクターのチェックが終われば
前にまるごとコピーしたHDDに入っていたバックアップファイルを
再度コピーして動作不安定のHDDは通常使用せず
箱だけUSB2とUSB3なので中身を入れ替えて保管しますかね
わざわざ通常使うHDDの箱をダウングレードしなくても
バックアップ取ってそのまま保管で問題無しですね
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する