猫の手紙

このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです。過度の期待はしないでください

Top Page › 自動車・車中泊 › >車中泊 › ドライペットFun モバイルバッテリー接続編

2015-02-07 (Sat) 22:07

ドライペットFun モバイルバッテリー接続編

以前考えていたドライペットFanの
モバイルバッテリー接続

試してみました
ドライペットFun USB接続


5V接続ではファンがうなってうるさいです
それが並列2台だと更にうるさいので
これでは寝られない感じです
*後に考えると車中泊の場合耳栓をする場面が多いので問題無いかもしれません

あえて使用するなら寝る前の走行中に
カーステからのUSB端子を使用して車中を事前に乾燥するとか?
*これもエアコン使えば良い事でした

そこで試しに並列にしてみました
ファンの回転数もまずまず良い感じだったのですが
今度は抵抗が大きすぎる様で
モバイルバッテリーが充電完了と勘違いして
電源が勝手に切れてしまいます

なので一応直列接続に戻しました
もちろん電池での稼働も普通にできますよ

実験結果、充電単三電池だと直列3本がお薦めですかね



A型シリカゲルを約420g入れて
モバイルバッテリーの5Vで約8時間稼働せてみました

写真では解り難いですが
比較の為にファンを動かさない放置状態の物も用意(写真の上側)
ファンを動かして約1時間でファンが動いている(写真の下側)方の
吸引口側(写真右側)のシリカゲルに色の変化が現れました
1時間後

そして約8時間後に重量を確認してみると約10gの吸湿で
放置状態だったものはなんと重量変化無しなので1g未満でした

こうしてみると吸湿剤の周りに空気の対流が無いと
吸湿の効率がまったく違うことが解ります
これはドライペットの吸湿剤の袋にも
除湿有効期間として表示されています
目安
関連記事

最終更新日 : 2015-07-01

Comments

  

業者の方の営利目的の書き込みはご遠慮ください。今後削除させて頂きます