猫の手紙

このブログは、ななろうの平凡な日常を淡々とメモ書きしたものです。過度の期待はしないでください

Top Page › 自動車・車中泊 › >車中泊 › 車中泊でのガラス結露防止策 その3

2014-12-23 (Tue) 23:40

車中泊でのガラス結露防止策 その3

とうとう車中泊でのガラス結露防止策 その3までいってしまいました

ダイソーの押し入れ用湿気取りで
今後の車中泊の結露対策をしたいと思ったのですが
その後更に最近の雪や寒さでの
車中のガラス曇りも一緒に軽減できないかと考えました

更に調べるとシリカゲルに乾燥用のヒーターを内蔵し
繰り返して使える商品が多く出ている事に目が行きました
これなら天日干しの必要が無く冬場も使えます

その中の商品の一つリピート除湿器 RD-30が(Amazon価格1,080円)
i-shop7で450円(税込)という超破格で販売していたので
今日までの期間限定ポイント300ポイントも使用したかったし悩んだ末6つも購入しました
リピート除湿器 RD-30
by カエレバ


これは1つ吸湿量が約120gなので
ダイソーの押し入れ用湿気取り2袋(4シート分)216円の吸湿量と同じです

価格面では450円対216円ではぼ倍の値段ですが
”ヒーターが付いている”と考えると安い
もし不良や性能等が駄目でも”入れ物を買った”と
考えれば良いと思います

これを冬場は常時車のドアポケットに入れて置き
車中の湿気を取りガラス曇りの軽減にも使用したいと思います



追記

その後も便利グッズが無いか調べてます

その中で使い捨ての塩化カルシウムを吸湿剤に使用した押し入れ用の170g吸湿する強力タイプです
ファン内蔵でより効果的な除湿が出来そうで車中でこれを使う場合
就寝中にファンが回ればいいので充電式の単三電池でも使用可能かと
ドライペットファン 押入れ・クローゼット用 170g


ただ最近思うことは冬場車中に乗り込むと
呼吸や衣類に含まれた湿気が外気に冷やされてガラスに結露(曇り)は発生しています
仕事帰りの駐車場では乗る前からすでにくもっている車を何台か見かけるのですが
基本吾輩は外気導入で湿気がこもらないように心がけているので
乗車前に曇っている事は乾燥剤を置く前から皆無

支離滅裂ですが
結論から言えば乾燥剤を用いても
冬場、車の通常使用で車中の湿気取りにはもちろん使用できますが
曇り止め効果は期待できずです

そして今シーズン冬場に車中泊をする予定は無いのですが
冬場の結露防止は難しく春から秋に効果の在る物を今後探したいです
関連記事

最終更新日 : 2018-12-09

Comments

  

業者の方の営利目的の書き込みはご遠慮ください。今後削除させて頂きます